海外勤務を希望する人にとっては、シンガポールは人気の国の一つですが、では、求人情報を入手するには、どうすればいいのでしょうか? 海外勤務と一口に言っても、そのためのキャリアパスとしては、大きく3つに分かれます。

1:日本国内において、シンガポールに事業拠点を持つ企業に入って、現地に赴任する
2:日系企業のシンガポール支社の現地採用枠で入社する
3:現地で直接仕事を探す

 

シンガポールの海外勤務求人

 

それぞれ、求人情報を得るための手段が変わってきますが、このページでは、1のキャリアパスについてまとめています。2・3のキャリアパスにおける求人情報の探し方については、下記のページを参考にしてください。

 

 

シンガポール駐在という形が、条件面で最も理想的な海外勤務

このページでは、1のシンガポール駐在というキャリアパスにおける求人情報の入手方法についてお伝えしますが、海外勤務を目指すのであれば、これがベストです。日本国内を基準にした給与に、海外赴任手当が付くので、かなりの高給になるためです。

 

さらに、現地で住む住居を会社が用意するか、もしくは住居費が全額支給されることになるので、生活費という点でも、かなりオイシイです。昔は海外勤務後、帰国すると、日本に家が建つ(それだけお金が貯まる)と言われていました。

 

今は、そこまででは無くなりましたが、それでも日本国内勤務の社員と比べると、かなりの厚遇を受けることになります。また、海外勤務になる時点で、将来の幹部候補とみなされることが多く、帰国後には、ポジションが上がるケースが多く、キャリアアップという点でも大きくプラスです。

 

これは、中途採用で入社する場合でも、同様であり、海外勤務を前提とした求人の場合、イコール、中核社員として、将来的に活躍することを期待されての採用と考えてください。(採用される時点で、それだけの評価を受けたということを意味します。)

 

このシンガポール赴任というパターンと比較すると、2・3の現地採用というのは、日系企業であれ、外資であれ、日本よりも給与が低めとなります。(シンガポールは日本よりも給与水準が低いので、日本人がシンガポールで働くと、20~30%は給与が下がると言われています。)

 

現地採用だと、もちろん赴任手当は出ないですし、住居費の負担もありません。そのため、海外で働くことに対する強いこだわりがあるという人でなければ、基本的に日本採用、シンガポール派遣といった形の海外勤務を目指すことをオススメします。

 

仮に、それで採用が決まらない場合には、シンガポール勤務は諦めて、日本国内で働き続けるほうが賢明です。少なくても、シンガポールに行けば、より高い給与を得られるということは無いので、その点は注意してください。

 

話が長くなりましたが、日本国内採用、シンガポール赴任という形の求人情報の入手方法ですが、海外勤務案件の取り扱いに力を入れている転職会社を利用するのがベストです。下記の転職会社であれば、シンガポール勤務の求人も多数押さえているのでオススメです。

 

問い合わせれば、すぐに求人を紹介してもらえるので、是非一度、連絡を取ってみてください。

 

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円以上のハイクラス求人専門の転職エージェント。海外勤務案件の取り扱いにも力を入れており、シンガポールに駐在出来る人材を募集する求人についても、多数保有しています。業種を問わず、大手グローバル企業からの求人を一通り押さえています。

 

マネージャークラスの求人が中心となっており、海外子会社の社長・経営幹部(執行役員)を募集する求人も少なからず出ています。

 

また、国際弁護士、会計士、弁理士等、士業関係の求人もカバーしており、このページでリストアップしておいるエージェントのなかでも、保有求人数が最も多いので、この分野でシンガポール勤務の仕事を探している人は要チェックです。

 

リクルートエージェント

国内最大手の転職エージェント。グローバルな業務内容の求人案件の取り扱いに力を入れており、世界各国における海外勤務案件を多数保有しています。

 

シンガポール赴任を想定した求人についても、メーカー、商社、流通小売企業、金融企業、不動産企業、IT企業等、様々な業種からの人材募集案件を扱っています。募集職種については、海外営業職が最も多く、次いで、経営企画、海外事業企画、マーケティングといったものとなります。

 

該当業務に関する実務経験とビジネスレベルの英語力(TOEIC700以上)を有することを応募条件とする求人が大半です。海外経験については不問とされるケースが多いので、国内業務経験しか持ち合わせていない人でも大丈夫です。

 

リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

JACリクルートメント

日系グローバル企業、外資系企業専門の転職会社。海外勤務案件の取り扱いに力を入れており、特にアジア地域における駐在員候補の募集案件を得意としているので、シンガポールに子会社を置く日系企業からの人材募集案件についても、多数保有しています。

 

メーカー、商社、物流企業、銀行、リース会社、ホテル、外食企業、コンサルティング会社、システムインテグレーター、インターネットサービス会社、ゲーム制作会社、監査法人など、募集元となる企業の業種は、多岐に渡ります。

 

職種に関しても、営業、SE、経理財務、法務、経営企画、海外事業管理、製造技術、研究開発、品質管理等、様々です。コンサルタントやトレーダーを募集する求人も出ています。

 

各職種におけるマネージャー候補を募集する求人、工場長候補、現地子会社の統括責任者候補を募集する求人などもカバーしているので、、マネジメントレベルでの転職を考えている人にもオススメの転職会社です。

 

また、JACは台湾資本やシンガポール資本の企業からの求人も押さえているので、興味がある人は要問い合わせです。(日本支社で採用された後、シンガポールに赴任するという形になるので、現地採用ではなく、駐在員待遇になります。)

 

コトラ

金融・不動産業界、コンサルティング業界専門の転職会社。シンガポールに事業拠点を持つ企業からの求人で、現地に赴任出来る人材を募集する案件を常時保有しています。営業マンやコンサルタント(海外進出支援、組織構築支援、財務等)を募集する求人が大半です。

 

該当業務に関する経験豊富なプロフェッショナルが募集されており、提示されている給与額は全体的に高額です。海外勤務経験があれば、より好条件で採用される可能性が大です。

 

エリートネットワーク

20代、30代前半の若手ビジネスマンに対する転職支援サービスに特化している人材紹介会社。ゆくゆくは中核社員として、会社をリードしていくような優秀な人材を募集する企業からの求人案件を多数保有しています。

 

シンガポール赴任を前提とした採用となる求人についても、メーカー、商社、物流企業、IT企業、流通小売企業などからの募集案件を扱っています。営業、マーケティング、経営企画、財務といった職種における求人が中心です。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。