医師、看護師など、最近は医療分野のプロが、海外で活躍する機会が増えています。国境なき医師団のような海外ボランティアもあれば、WHOのような国際機関で働くということもありますし、そして、何より近年では、製薬会社・医療機器メーカーといった民間企業が活躍の場となってきています。

 

薬剤師の海外勤務求人

 

<補足>
海外ボランティアに関する補足ですが、医療分野の場合、ボランティアとは言っても、勤務手当といった形で給与が毎月支給されます。日本円でおよそ15万円前後になりますが、現地での住居や生活費は別途支給されるので、トータルで見ると、それなりの額になります。

日本で働いている時と比較すると、収入は下がってしまうと思いますが、それでも一定レベルのラインは維持出来るので、金銭面のことを気にせず、ボランティアとして働き続けることも可能です。

 

薬剤師に関しても、この傾向は強くなっています。特に、製薬会社においては、薬品(原材料を含む)に関する知識が豊富な薬剤師というのは、かなり有望な人材であり、求人需要は活況です。薬剤師の求人情報サイトをチェックすれば、幾らでもこういった求人が出てきますので、興味がある人は調べてみてください。

 

なお、少し細かい話をすると、調剤業務に必要な知識と、製薬業界で必要な知識というのは別なので、調剤経験がない薬剤師が民間企業に転職したとして、すぐに戦力になるというわけではありません。

 

入社後、一定期間は研修を受けて、業務に必要な知識を習得することになりますが、薬剤師の場合、薬学に関する予備知識があるため、この習得が容易という強みがあります。そのため、早い時期に第一線で活躍することが出来ます。

 

民間企業における薬剤師海外勤務

薬剤師の経験を活かして、製薬会社や医療機器メーカーに転職する場合、営業(MR)、研究開発、臨床開発、生産管理、品質管理、薬事申請といった職種が候補となりますが、これらの全ての職種において、海外勤務の可能性があるわけではありません。

 

たとえば、営業というのは、日本の医療機関が対象になるため、あまり海外勤務のチャンスと巡り会うことはありません。海外企業に対する営業活動といったものもありますが、これらも日本本社勤務が前提となるケースが大半です。

 

出張ベースで、頻繁に海外に足を運ぶということはあり得ますが、現地に赴任するといったケースは少ないと考えてください。

 

逆に、研究開発、臨床開発といった分野だと、現在では外国企業・研究機関との協働開発が一般的になってきており、それに伴い、現地に拠点を設ける企業も増えてきているので、そこで、海外勤務の可能性が出てきます。

 

この分野は、薬剤師としての立ち位置をフルに活かせるポジションなので、最も有望な職域と言えます。

 

海外ボランティアにおける薬剤師の役割

話をボランティアに戻すと、海外ボランティアにおける薬剤師の仕事内容ですが、主に下記のようなものとなります。

 

  • 病院や診療所における、医薬品や医療資材の発注・供給・棚卸業務
  • 薬局の管理、薬局スタッフの指導業務
  • 医薬品・医療資材のプロトコルに沿った適正使用の提言
  • 医薬品・医療資材の品質確認
  • 医薬品の輸入調達
  • 関係省庁との交渉
  • 現地病院との間の医薬品寄付・貸借に関連する交渉

 

担当業務は多岐に渡りますが、現地スタッフを指導しながら、業務を遂行するケースが多いため、薬剤師としての勤務経験だけでなく、新人スタッフへの指導・教育経験を有しており、慣れているというのが、求められる人物像となっています。

 

また、派遣先地域はアフリカ・中東を中心とした途上国がメインとなるため、HIVや結核に関する知識、熱帯医学に関する知識を有していると役立ちます。また、日本の離島や僻地における実務経験というのは、途上国での勤務にも活きるので、こういった地域で働いていた経験を持つ薬剤師というのも重宝されています。

 

いずれにしても、薬剤師として海外で働くというチャンスは、どんどん増えているので、海外勤務を希望する人は、是非チャレンジしてみてください。海外で働ける薬剤師というのは、まだまだ少なく、競争は少ないので、そういった意味では思い通りの仕事に就ける可能性が十分にあります。

 

なお、海外ということで気になる人が多いかもしれない、語学スキルに関する要求度ですが、これはマチマチです。初歩的な会話が出来れば十分といったケースもあれば、ネイティブクラスの実力が求められることもあります。

 

また、対象言語に関しては、英語が圧倒的に多くなりますが、アフリカだとフランス語が公用語になっている国もあるため、稀にフランス語に対するスキルが求められることもあります。このあたりは、個々に確認するようにしてください。

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。