ハノイの海外勤務求人

 

経済成長が著しいベトナム。その首都であるハノイを含むベトナム北部は、日系企業の進出、及び、工場の増築が相次いでいます。駐在員、現地採用社員、ともに増加傾向にあり、求人も活況です。ただし、この両者では、求められる人材の傾向が大きく異なっています。

 

駐在員というのは、現地採用社員と比較して、圧倒的に人件費がかかります。企業はコスト削減のため、日本人社員についても、現地採用枠を増やしており、こういった人材を管理するマネージャーを日本国内から送り込むという体制が確立されつつあります。

 

つまり、駐在員の求人に関しては、マネージャーレベルに限られるということです。そのため、業務を遂行出来るとみなされるだけの実務処理能力に加えて、マネジメントスキルを有することが、駐在員として採用されるための必須条件となります。

 

ただし、若手層の場合、マネージャー候補としての採用となるケースもあります。この場合、まずは、一般社員として、現地(ハノイ)に赴任、実務経験を積んだうえで、ゆくゆくはマネジメントを担うポジションに昇格するといった流れになります。

 

このケースだと、管理職経験は不問なので、募集職種における実務経験があれば大丈夫です。(おおむね、30代前半までのビジネスマンが対象になると考えてください。)

 

もう一つ、平社員レベルで、ハノイ駐在員として採用される可能性があるのは、IT系エンジニアです。ハノイに開発拠点を設ける企業が増えており、現地に赴任出来るエンジニアを募集する求人が増えています。

 

特に、WEB・オープン系(PM、アプリ開発、プログラマ)、ネットワーク系エンジニアに対する需要が高くなっています。

 

長くなってしまいましたが、ハノイ駐在員を募集する求人案件の傾向は、このようなものとなります。下記に、ハノイ駐在案件を取り扱っている代表的な転職会社をリストアップしていますので、詳細については、直接確認してみてください。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円レベル、もしくは1000万オーバーのハイクラス求人専門の転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナル職、及びマネジメント職の求人の取り扱いに特化しており、海外子会社、工場の業務管理を担うマネージャー、及び現地拠点の経営を担う統括責任者(社長、役員)、工場長を募集する求人案件を多数保有しています。

 

赴任先がハノイとなる求人に関しても、常時複数保有しているので、興味がある人は要問い合わせです。メーカー、大手総合商社(及び、そのグループ子会社)からの求人が中心です。

 

また、ビズリーチは海外進出支援コンサルティング事業を展開するコンサルティング会社からの求人も扱っており、そのなかで、ハノイに駐在出来る人材を募集する案件が存在します。業務内容は、経営コンサルティング、財務コンサルティングがメインとなります。

 

ハイクラス案件については、クライス&カンパニーというヘッドハンティング会社も、非常に取り扱い数が非常に多くなっています。

 

特に、20代後半から30代のキャリアアップ支援、40代エグゼクティブの転職支援を得意としているので、該当する人は、こちらもチェックしてみてください。
クライス&カンパニー

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。アジアを中心に、海外勤務関係の求人案件を多数保有しており、ハノイ駐在の求人案件を探す時にも、オススメの情報源です。

 

半導体、電機、電子、自動車・自動車部品、アパレル、素材、化学といった分野において、事業を展開する大手メーカー、もしくは総合商社(グループ子会社)からの求人案件が中心です。

 

生産管理、品質管理、調達購買、人事、経理財務といった職種の求人が多く、ハノイにある自社生産工場、もしくは現地子会社において、現地スタッフのマネジメントを担うことになります。

 

なお、経理財務職については、原価計算、決算処理、税務対応、監査対応など、幅広い業務を担当することになるケースが多く、これらの業務に精通しているプロフェッショナルに対する需要が高くなっています。

 

応募条件については、該当業務に関する実務経験があること、英語が出来ることの二点が、ほぼ必須条件となり、加えて、海外業務経験、もしくは海外駐在経験が要求されることになります。

 

また、これはレアケースですが、ハノイを含むベトナムへの出張経験(or 駐在経験)、ベトナム企業とのビジネス経験など、ベトナムに関係する仕事の経験が求められることにあるので、このあたりは、個々に確認するようにしてください。

 

JACリクルートメントは、こういったハノイ駐在の案件を、常時、最低でも20件程度は確保しているので、この手の仕事を探す時には、一度は連絡を取っておいたほうがいいでしょう。

 

リクルートエージェント

国内最大手の転職エージェント。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、ハノイに駐在する人材を募集する求人案件についても、多数保有しています。現地に製造拠点・営業拠点を構える日系メーカー、及び商社、ゼネコン・建築会社からの求人が中心となります。

 

募集職種は業種によっても、多少の違いはありますが、海外営業、生産管理、製造開発、調達・購買、施工管理、人事、財務経理といったものが中心となります。(冒頭で触れたように、マネージャーポジションの求人が大半です。)

 

また、経営企画、事業管理、海外プロジェクト管理等、事業運営に直接的に関与するポジションの求人も多くなっています。経営企画に関しては、M&A、企業買収、対政府交渉、新会社設立などの業務を担当するといったケースもあります。

該当業務に関する実務経験を豊富に積んでいること、ビジネスレベルの英語力(最低TOEIC700以上)を有することを応募条件とする求人が大半なので、採用のハードルは少し高めです。

 

リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

ワコールキャリアサービス

大手衣料品メーカー、ワコールグループ内の人材紹介会社。ワコールが100%出資していることもあり、アパレル・ファッション業界に特化した転職支援サービスを展開しています。

 

ハノイ、及び近郊地域に製造拠点を持つ日系アパレルメーカーからの求人で、現地法人に駐在して、業務を遂行出来る人材を募集する案件を扱っています。企画開発、デザイン、生産管理、品質管理といった業務内容の案件が中心です。

 

該当業務に関する実務経験を有すること、現地スタッフと英語で意思疎通が出来るだけの語学スキルを身につけていることが応募条件となっています。

 

ワークポート

IT業界専門の人材紹介会社。ベトナムに開発拠点を置くIT企業(システム開発、アプリ開発、ゲーム開発、インターネット広告代理店等)からの現地駐在員募集案件を、多数保有しています。新興系企業、ベンチャー企業からの求人が大半です。

 

日本本社採用となるので、給与体系は日本国内と同様になり、赴任手当が加算されるので、年収450~600万円ぐらいを見込める求人が多くなっています。高いスキルを有する人、PL、PM経験がある人だと、プラス100万円以上の上積みも期待出来ます。

 

DODA

7万件近い求人案件を保有する大手総合転職エージェント。海外駐在案件の取り扱いに力をいれており、様々な業種の企業からの人材募集案件をカバーしています。

 

ハノイ駐在の求人としては、エンジニアリング会社、建築会社などからの求人を扱っていることがあるので、こういった業種での転職を考えている人は、一度問い合わせてみてください。最近では、再生可能エネルギー分野の求人が多くなっています。技術職、営業職、いずれの職種も対象となります。

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。