フィリピンは日系企業の進出ペースが加速している国ですが、そのなかでも、セブ島は重要拠点となっており、多数の企業がセブに進出しています。ただし、誰でも知っているような大企業から、中小零細企業、安い給料で社員を酷使するブラック企業まで、様々な会社が存在しており、玉石混交と言える状態です。

 

セブ島の海外勤務求人

 

業種別にみると、製造・建築・ITの3分野に集中しています。そのなかでも、近年ではIT企業の進出が盛んですが、大手ソフトウェアベンダー、システム開発会社から、ベンチャー系の開発会社、アウトソーシング企業、ゲーム開発会社、Web開発会社まで、多種多彩です。

 

求人数は最も多いのですが、給与や福利厚生、勤務形態といった条件面については、企業によって全く違ってくるので要注意です。ベンチャー系の会社だと、現地採用スタッフと同等の待遇しか与えられず、とても駐在員とは言えないような条件になっていたりします。

 

一方、製造・建築の2業種については、一部上場企業や、その子会社・グループ会社など、素性がしっかりしている会社が多く、待遇面についても、日本と同等の給与・福利厚生に駐在手当、住居手当に加わり、日本国内で働く社員よりも好条件になっているケースが大半です。

 

ただし、この2分野については、求人数が減少傾向にありますし、現在、募集がかかるのは、現地において、業務のマネジメントを担えるマネージャークラスの人材に集中しており、実務経験・マネジメント経験・コミュニケーションスキル・語学力等、応募条件のハードルは、かなり高いです。

 

なお、IT業界においても、同じような傾向があり、好条件の求人、優良企業からの求人だと、応募条件は厳しく、条件面が劣悪になるに連れて、条件が緩くなります。(経験不問、誰でも応募可といった求人だと、ブラックと考えたほうがいいです。)

 

このように、セブ駐在の求人というのは、一まとめにして考えること出来ないので、注意してください。下記に、セブに駐在出来る人材を募集する求人案件を扱っている転職会社をリストアップしています。

 

希望条件などを伝えれば、その条件に合う求人が存在するかどうか教えてくれるので、実際に求人を探す時には、こういった会社を利用することをオススメします。ネットなどを検索すれば、求人は見つかりますが、求人元企業の実情を確認することが出来ないので、転職会社を利用したほうが、より安全です。

 

リクルートエージェント

9万件以上の求人案件を保有する国内最大手の転職エージェント。海外業務絡みの求人の取り扱いに力をいれており、セブ島駐在の案件についても、常時カバーしています。

 

転職業界のリーディングカンパニー的な存在なので、メーカー、ゼネコン、建設会社、ソフトウェアベンダー等、大手企業からの求人の取り扱い数が多くなっています。大企業への転職を狙うのであれば、最も仕事を紹介してもらえる可能性が高い転職会社です。

 

職種としては、メーカーの場合、生産管理・品質管理・製造管理、ゼネコン・建設会社だと、施工管理・プロジェクトマネージャー、ソフトウェアベンダーだと各種エンジニア(システムエンジニア、オープン・web系エンジニア、サービスエンジニア等)などが中心となります。

 

また、リクルートエージェントは、業種を問わず、経営企画、財務といった管理部門の求人、及び、工場長・現地子会社副社長など、上級管理職の求人も扱っています。

 

応募条件については、求人ごとに違いますが、即戦力としてみなされるような人材が求められているので、該当業務に精通していること、英語でのコミュニケーションに支障がないだけの語学スキルを有していることなどは、最低限として要求されると考えてください。

 

リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

IT転職ナビ

IT業界専門の転職会社。セブ島に開発拠点を置く、システム開発会社、ソフトウェア開発会社、ゲーム開発会社などからの求人案件を扱っています。また、最近では、データベースセンター、コールセンターからの求人の取り扱い数が増えています。

 

大手からベンチャーまで、様々な求人が出ており、条件面は企業ごとに大きく違っているので、詳細については入念に確認するようにしてください。

 

海外・国内建設技術者人材サービス

海外・国内建設プロジェクトの設計、施工管理専門人材紹介会社。近東、東南アジアでの大型プラントや大規模工場などにおける設計業務、施工管理業務、技術支援業務に従事する人材を募集する求人案件を扱っています。

 

フィリピンにおける建設プロジェクトの施工管理責任者を募集する求人も出ており、セブ島が駐在先となる可能性もあるので、興味がある人は、是非一度問い合わせてみてください。

 

海外工事に携わった経験があることを、応募条件とする求人が大半です。年齢制限はなく、60代、50代の人が数多く採用されているので、中高年層の人でも問題なしです。

 

エン転職

大手人材サービスグループ会社、エンが運営する求人情報サイト。IT転職ナビ同様、コールセンターやカスタマーサービスセンター、Web開発会社など、セブ島に事業拠点を置くIT系企業からの現地駐在員募集案件を扱っています。

 

給与は年俸制が一般的であり、経験・スキルを考慮して決定されるケースが大半なので、詳細については要問い合わせです。日本本社と同じ水準で決定されるので、不当に安い給料になるということは、まず無いと考えてください。

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。