このページでは、営業職として海外拠点に駐在する人材を募集する企業からの求人案件を保有する転職会社を5つリストアップしています。こういった求人を扱う転職会社は数多く存在しますが、そのなかでも、特に保有数が多い会社を厳選しています。

 

海外営業の求人

 

この5社を当たれば、希望条件に合う求人が見つかる可能性が高いので、まずは最優先でコンタクトしてみてください。また、この5社以外の転職会社で有望なものを最後に記載していますので、こちらも参考にしてください。

 

海外営業は求人数が非常に多い職種であり、現地駐在という条件を加えても、数百単位の数になります。赴任先地域、業種・取扱商品は多岐に渡りますし、応募条件、給与・福利厚生についても、案件ごとに違いが大きく、ここでは概要をまとめることすら出来ません。

 

そのため、具体的に、どんな求人が出ているのか、詳細については、下記の転職会社に直接問い合わせるようにしてください。

 

リクルートエージェント

9万件以上の求人案件を保有する国内最大手の転職エージェント。グローバルな仕事の取り扱いに力をいれており、営業職として海外拠点に赴任する駐在員を募集する求人についても、幅広くカバーしています。

 

このページでリストアップしている転職会社のなかでも、ダントツで情報量が多く、仕事を紹介してもらえる可能性が最も高いので、求人を探す時には、最初に連絡を取っておくことをオススメします。(アフリカ、中東など、他社がカバーしていないような地域への赴任案件も扱っています。)

 

リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円以上のハイクラス求人専門の転職会社。海外営業関連の求人としては、現地拠点における営業活動を統括する営業マネージャー(海外営業部長)を募集する求人案件を多数保有しています。

 

販促企画・商品企画開発といった業務を兼務するといった内容の案件、現地子会社の事業経営にも関与するポジションでの採用となる案件等、キャリアアップにつながる求人が多いので、興味がある人は要問い合わせです。

 

ビズリーチが扱う求人は、採用後、即現地に赴任するという形の案件ばかりなので、海外勤務経験や海外業務経験があること、及び、語学が堪能であることが採用の絶対条件になると考えてください。

 

マイナビエージェント

大手人材サービス会社、マイナビグループが展開する転職支援サービス。どちらかといえば、若手層の求人を得意とする転職会社であり、海外営業職の求人については、海外経験や営業経験を問わないとするハードルが低い案件が多いです。

 

採用後は、一定期間(半年から2年程度)、本社勤務で国内営業を担当、業務に必要な知識を取得した後、駐在員として海外に派遣されるというのが一般的です。

 

エリートネットワーク

マイナビエージェント同様、20代・30代の若手層の転職支援サービスに特化している転職エージェント。ただし、エリートネットワークは、ゆくゆくは会社の中核社員として活躍出来るような優秀な人材を求める企業からの求人に特化しているので、取り扱う求人のレベルは高くなっています。

 

海外営業職についても、現地拠点の営業マネージャー候補(課長・部長クラス)を募集する求人、もしくはマネージャーとしての採用となる求人などが中心となります。また、営業戦略の企画立案に従事するといった経営企画よりのポジションの求人も多いです。

 

30歳で営業部長といったケースも珍しくないので、キャリアアップ志向が強い若手ビジネスマンに最適なエージェントです。

 

ミドルの転職

30代後半、40代の中堅ビジネスマンの転職支援に特化している人材紹介会社。マイナビエージェント・エリートネットワークとは対極にある転職会社と言えます。ミドル層ということで、管理職の求人が多くなっています。

 

海外営業職についても、マネージャー候補(課長・部長クラス)を募集する求人、役員候補を募集する求人が中心です。営業経験、海外勤務経験、マネジメントスキル、語学力などについて、高いレベルが求められるので、採用のハードルは高くなります。

 

海外駐在求人を取り扱う転職会社リスト

上記の5社以外の転職会社で、海外駐在求人の取り扱い数が多い会社を下記にリストアップしています。もしかしたら、こちらの会社において、希望条件に合う仕事が見つかるかもしれないので、併せてチェックしてみてください。

 

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。