イスラエルは、日本経済にとっては、まだまだ接点が少ない国ですが、高度な技術力を背景に、ハイテク・情報通信分野を中心に経済成長を続けており、アップル、グーグル、マイクロソフトといった世界的IT企業が相次いで、イスラエル企業を買収するなど、注目が高まっています。

※余談ですが、下記のような書籍も出ているので、興味がある人は読んでみてください。

 

イスラエルの海外勤務求人

 

アジアでは、韓国・中国がイスラエルとの関係強化において先行していましたが、2015年から日本もイスラエルとの関係性強化に乗り出しており、日系企業の投資額も増加しています。そのため、今後、イスラエルに駐在する人材を募集する求人も増えてくることが予想されます。

 

現在では、TDK、武田薬品、サン電子など、イスラエルに進出している日系企業は、ごく僅かであるため、イスラエル駐在の求人案件というのは、殆ど存在しないのですが、ここ数年で激増する可能性はあるので、興味がある人は、目を光らせておくことです。

 

ただ、イスラエル駐在というのは、求人案件としてはレアなので、インターネットなどで検索しても、情報を入手するのは、かなり難しいです。

 

そこで、海外駐在員の募集案件の取り扱いに力をいれている転職エージェントに求職者登録(会員登録)をしておくことをオススメします。登録をしておけば、自分が希望する内容に沿った求人が新規で発生した時に、その都度、メールで通知してもらうことが可能であるからです。

 

自分で探す手間がなくなりますし、求人に気付かなかったという漏れを防ぐことも出来ます。登録は無料ですし、一度、登録しておけば、自分から登録を削除するまで、永久的に情報はもらえるので、うまく活用してください。

 

なお、海外駐在の求人を取り扱っている転職エージェントは多数存在します。恐らく、その数は100社以上になりますが、その大半は東南アジア、中国等、日本にとって馴染みがある国における駐在案件を取り扱っているだけです。

 

イスラエルのような、日本と接点が薄い国への駐在案件をカバーしているエージェントというのは、あまり存在しないので、エージェント選びを間違えると、登録はしてみたけど、全く情報が入ってこないという結果になってしまいます。

 

そのなかで、下記のエージェントであれば、世界各国における求人案件を扱っているので、登録先としてオススメです。この3社を押さえておけば、中東関連の求人情報は、ほぼ確実に網羅出来るので、イスラエル駐在案件の情報源としても頼りになります。

 

補足としては、ビズリーチはマネジメント層向けの求人の取り扱いが中心なので、海外拠点の統括責任者、海外拠点の営業マネージャー等、管理職での転職を目指す時に、相談先として向いているエージェントです。

 

一方、リクルートエージェント、ミドルの転職は、一般職・管理職、それぞれの求人を幅広く網羅しています。特にリクルートは、保有する情報量が膨大なので、欠かせない情報源と言える存在です。ただし、管理職の案件については、ビズリーチには一歩劣ると考えてください。

 

いずれにしても、数少ない貴重な情報源となるので、どれか1社を選ぶというより、3社を同時に活用するという発想のほうがいいです。なお、この3社であれば、他国への駐在案件も紹介してもらえるので、興味がある人は問い合わせてみるのもアリです。

 

リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。