ドバイの海外勤務求人

 

アフリカ・中東というのは、まだまだ現地に進出する日系企業が少ない地域であり、従って、現地に駐在する人材を募集する中途採用の求人案件というのも、数が少ないのが実情です。ただし、UAE(特にドバイ)はそのなかでも、日系企業の進出度が高い国であり、常時、一定数の求人が発生しているので、粘り強く探せば、自分が希望する条件に近い仕事が見つかる可能性があります。

 

求人の傾向としては、商社やメーカー、物流会社、建設会社(ゼネコン)からの営業マンや技術者を募集する案件が中心ですが、現地に進出している日系企業を支援するサービスを展開している銀行や保険会社、及びIT関連企業(ネットワーク・サーバー構築、ITインフラ構築、セキュリティ管理等)からも求人が出ていることがあります。

 

また、これらはいずれも大手企業からの求人となりますが、飲食業界だと和食レストランを経営する中小企業から、フロアスタッフ・調理人(調理補助)・レストランマネージャーを募集する案件が出ています。

 

見習いとしての採用となるケースもあり、その場合、コミュニケーションスキルや基礎的な実務処理能力、英会話力などを有していれば、職歴・経歴は一切不問とされるため、飲食業界未経験者でも応募可能です。

 

このように、探せば色々な選択肢が出てくる状況なので、興味がある人は是非可能性を模索してみてください。下記に海外駐在の求人案件に強い転職エージェントをリストアップしています。UAE駐在案件の取り扱い実績も豊富なので、今現在の求人状況を知りたい人は直接問い合わせてみてください。

 

なお、エージェントごとに保有する求人情報が違っているので、複数のエージェントに同時に問い合わせて、多角的に情報を集めることをオススメします。

 


勤務地に関しては、ドバイ駐在の案件が大半ですが、なかにはアブダビに駐在となるケースもあるようです。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円、もしくは1000万オーバーのハイクラス求人専門の転職エージェント。必然的に極めて高い専門性が要求されるプロフェッショナル職、及びマネジメント職の求人の取り扱いに特化するとになり、近年では海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の保有数が非常に多くなっています。

 

UAEに駐在出来る人材を募集する求人、もしくは将来的にUAEに赴任する可能性がある案件も取り扱っているので要チェックです。

 

リクルート同様、商社、メーカー、建設会社、物流会社等、大手企業からの求人が中心となりますが、ビズリーチの場合、現地業務を統括するマネージャー(課長・部長クラス)を募集する案件、もしくは現地拠点の統括責任者を募集する案件が多くなっています。

 

中東やアフリカ地域における事業を統括するマネージャーといったポジションの案件、この地域における新規事業立ち上げメンバーとしての採用となる案件なども出ています。

 

ビズリーチの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

ハイクラス案件については、クライス&カンパニーというヘッドハンティング会社も、非常に取り扱い数が非常に多くなっています。

 

特に、20代後半から30代のキャリアアップ支援、40代エグゼクティブの転職支援を得意としているので、該当する人は、こちらもチェックしてみてください。
クライス&カンパニー

 

 

リクルートエージェント

国内最大手の転職エージェント。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外各国における現地駐在員募集案件を多数保有しています。他エージェントがカバーしていないような地域の求人も扱っており、UAE駐在案件の取り扱い実績も豊富です。

 

商社、メーカー、国際物流会社、建設会社等、UAEに進出している日系企業の求人の大半を扱っているので、UAE駐在の仕事を探す時には、最初に問い合わせておくべきエージェントと言えます。入社後数年間、日本本社に勤務した後に海外に赴任するという形の求人も多くなっています。

 

なお、冒頭で触れた求人のなかでは、飲食関係の求人はリクルートは弱いので、こういった仕事を探している人は後述するエージェントを当たったほうが賢明です。

 

リクルートエージェントの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。海外転職案件の取り扱いに力を入れており、数は限られてきますが、UAE(ドバイ)駐在案件もカバーしています。

 

ゼネコン、建設資材メーカー、化学建材メーカー、プラントメーカー、建設コンサルタント会社など、建設業界関連企業からの求人が多くなっています。(海外営業、建築設計、経営企画、施工管理、プロジェクト管理といった職種の求人が中心です。)

 

また、JACリクルートメントは、総合商社や都市銀行からの求人を扱っていることもあり、このあたりが主要候補となります。

 

採用後、1~2ヶ月程度の研修を受けてから、UAEに赴任するといった流れの案件が多く、該当業務に精通しているプロフェッショナルが募集されています。(語学スキルや海外経験も必須条件とされるケースが多いです。)

 

JACリクルートメントの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

※補足

このところ、JACは海外向けのビジネス経験・海外勤務経験がない人材に対しては、有望な求人を紹介出来ないようになっています。(海外ビジネス経験者を募集する求人の取り扱いにシフトしているためです。)

 

そのため、海外経験がないという人の場合、リクルートエージェント、もしくはマイナビエージェントといった転職会社のほうがオススメです。

 

 

特に、マイナビは若手層の転職支援に力を入れているので、35歳ぐらいまでの人であれば、職歴などを問わず、採用するという企業からの求人を多数保有しています。

 

海外駐在案件に関しても、本人の意欲が高ければ、それで良しとする企業が少なくないので、未経験という人にもチャンスがあります。(そのかわり、本気度については、厳しく見極められるので、注意してください。)

 

BRIDGE

アジア求人専門の転職情報サイト。中国・東南アジア勤務となる求人が大半なのですが、UAE駐在となる求人が出ていることもあるので要チェックです。IT技術者を募集する求人を得意としていることがあり、UAE駐在案件に関しても、IT技術者(ネットワーク、ソフトウェア、ハードウェア)を募集する案件が多くなっています。

 

日系企業が主要顧客となるため、語学に関しては、基礎的な英会話力があれば良しとされるケースが大半のようです。

 

SUSHI JOB

和食(寿司・日本料理)関連の求人情報を集めているポータルサイト。UAE(ドバイ)に店舗を構える日本料理店、和食レストランからの人材募集案件がみつかることがあります。ビザ取得、現地への渡航費用を会社側が負担してくれるので、日本から申し込むことも全く問題ありません。

 

即戦力の人材として経験者を募集する求人もあれば、未経験者でも応募可能とする求人もあるので、詳細については直接確認するようにしてください。

 

UAE求人情報

UAE国内において発生している求人のなかで、日本人を募集する企業からの求人、もしくは日本語スキルが必須とされる求人を告知している情報BOT(Twitter)。事務員の募集案件もあれば、マーケティングマネージャーの募集案件もあり、内容は多種多彩なので、こちらも要チェックの媒体と言えます。

 

UAEで現地採用という働き方はアリ?

このページにアクセスされている方だと、日系企業の駐在員ではなく、UAEの現地企業、もしくは欧米系の外資企業で働くというのは、どうだろうか?と思われるかもしれません。

 

そこで、UAEでの現地採用ということについて、概要をまとめてみますが、結論から言えば、なかなか悪くない選択肢と言えます。

 

現地採用で雇われた時の待遇・給料

UAEは全体的に給与水準が高く、同じ職種・ポジションで働くと仮定した場合、日本と比較して、1.5~2倍の給料になります。ちなみに、UAEは税金がかからない国なので、全てが手取り収入です。

 

福利厚生については、年金はありませんが、保険は会社が用意しているのが、一般的です。日系企業よりは劣るけど、日本国内で、外資で働くのとは、それほど変わらない条件と言えます。

 

UAEは生活費が日本の2~3倍かかる

UAEは日本よりも、生活費がかかる国です。たとえば、ワンルームマンションの家賃は、どんなに安くても10万円、ちょっと条件が良い物件だと20万円に達します。東京の23区内でも、人気エリアでなければ、有り得ない金額です。

 

それ以上に高くつくのは外食です。ランチ代で2000~3000円というのが普通ですし、ビールが一杯1000円以上する国なので、まともなディナーを取れば、軽く1万円を超えます。

 

その反面、食材自体は、日本よりも安いモノもあるので、工夫して自炊すれば、家族4人でも、食費は1ヶ月3~5万円ぐらいで抑えられます。

 

こうやって見ていくと、日本の高級住宅地で住むような感じですね。

 

差し引きはプラス

給料は高いけど、生活費もかかるというのが、UAEという国ですが、税金がないため、総合的に見れば、日本よりも裕福度は高いです。どんな生活をするかにもよりますが、毎月20~50万円ぐらいの貯金はできるはずです。

 

ただし、ちょっとでも贅沢をすると、お金が吹っ飛んでいく国なので、注意が必要です。

 

UAEは外国人に優しい国

UAEは外国人の比率が80%を超える国なので、出身国や肌の色で差別されることはないですし、外国人労働者の受け入れに寛容なので、就労ビザを取りやすいです。

 

UAEで求められる人材

UAEでは、日本人だからという理由、あるいは日本語ができるからという理由で、採用されることは、まずありません。需要がゼロなので、日本人であることが強みにはなりません。

 

その反面、日本人(外国人)であることが不利になるわけでもないので、自分が働きたい業種・職種において、必要とされる経験・スキルがあると認められれば、採用されることになります。

 

あとは、語学力です。UAEは英語とアラビア語が公用語ですが、ビジネスの現場においては、英語がメインなので、アラビア語に関しては、一言も話せなくて大丈夫です。アラブ人であっても、仕事は英語でこなすという国です。

 

逆に言えば、英語はできて当たり前なので、ビジネスレベルの語学力がないと、NGです。

 

実務能力・スキルと英語

 

この2つが必須ということです。

 

ただし、UAEには高給与に引かれて、世界各国から有能な人材が集まってきています。なかには、出稼ぎ感覚で、真剣味がない人もいるようですが、自分の国で働くよりも稼げるからということで、一旗揚げるつもりで、バリバリ働いている人もいます。

 

ですから、競争が激しい世界と考えておいたほうがいいです。

 

UAEの現地企業に転職する方法

総合的に見ると、UAEで現地採用というのは、日本人からしてみてもアリですが、ネックとなるのは、UAEではコネ採用がメインということです。

 

日本も含めて、どの国でも、転職サイト、求人情報サイトなどを通じて、応募するというのが一般的ですが、UAEでは、知人や会社のツテを使って、紹介してもらうというのが一般的です。

 

ネットで検索すれば、UAEの転職サイトも見つかりますが、こういったところから応募しても、あまりうまくいきません。

 

では、日本人が現地採用を目指すには、どうすればいいのか?

 

一つ目の方法は、日系企業の駐在員として赴任して、そこで人脈を作るということです。駐在生活を送るなかで、自分がUAEという土地に適応できるかどうか、じっくり確認できる時間を持てるので、一石二鳥です。

 

もう一つの方法は、余計なことを気にせず、転職サイトなどを利用して、気になる求人に、どんどん応募してみるということです。やってみなければ分からないので、とりあえず動いてみるという発想ですね。

 

UAEの駐在員の待遇は、日本で働く時の待遇に加えて、現地の住宅・車が、会社負担で提供されるという好条件なので、日系企業の駐在員、現地採用、両方を視野に入れて、可能性を模索するというのもいいと思います。

 

オマケ:現地採用の求人情報の探し方

UAEの求人情報を入手するのは簡単です。グーグルで『UAE jobs』といったキーワードで検索をかければ、幾らでもサイトが出てきます。



 

チラッと見ると、求人の大半はドバイに集中していますが、アビダビ、シャールジャあたりも、求人が多いようです。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。