海外拠点に駐在する人材を募集する商社からの求人というのは、多数存在します。繊維商社、エンジニアリング商社、金属加工商社といった専門商社からの求人に加えて、最近では、中途採用にはあまり積極的ではなかった大手総合商社からも求人が発生するようになっています。

 

商社の海外勤務求人

 

募集がかかっている職種は多岐に渡っており、海外子会社の社長、海外における新規事業立ち上げ責任者、生産拠点管理責任者、カントリーマネージャー等、経営幹部クラスの求人も多くなっています。

 

なお、勤務形態については、3つのパターンに分かれます。一つは、入社後、すぐに海外拠点に赴任する文字通りの海外勤務案件、二つ目は入社後数年間、日本本社勤務で、出張ベースで海外子会社の管理業務を行うといった案件、三つ目は国内勤務と海外勤務を一定期間ごとにローテーションするといった案件になります。

 

三つ目の案件については、2週間ごとに勤務地が変わるといった短期ローテーションの案件もあれば、3ヶ月単位、半年単位の長期ローテーションの案件もあります。

 

このように、海外勤務といっても、勤務形態には多様性が出てきているので、自分が望む働き方に合わせて転職先候補を選び出すことが重要です。

 

なお、商社の中途採用というのは即戦力の人材を求める求人ばかりですが、具体的に求められるスキル・知識・経験というのは、求人ごとに大きく変わっています。そのなかには、かなりハードルが低く感じられるような案件もあります。(海外拠点にいる現地スタッフに日本語が堪能な人材が多いため、語学に関しては不問とする案件などです。)

 

ですから、商社だからといって、必ずしも転職の難易度が高いということはありません。自分の経験・スキルが、企業側が望むものとマッチすれば、驚くほどスムーズに転職が決まる可能性もあります。是非、色々と可能性を模索してみてください。

 

下記に、商社の海外勤務案件に強い転職エージェントをリストアップしていますので、今現在、どんな求人が出ているのか、直接問い合わせてみてください。

 


エージェントごとに、保有する求人に違いがあるので、複数のエージェントから話を聞くことをオススメします。一つのエージェントに依存すると、より好条件の仕事を見逃すといったことがあるので、要注意です。

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。海外に進出している日系企業からの海外勤務案件の取り扱いに力を入れており、専門商社・総合商社からの求人案件も常時保有しています。

 

海外営業、生産管理・生産技術、品質管理、財務、人事、経営企画、海外事業管理といった職種の求人が中心ですが、いずれの職種においても、海外ローカルスタッフの教育・管理・活用といった業務の重要度が高い案件の割合が高くなっています。

 

入社直後から海外勤務となる案件、国内勤務を経てから海外勤務となる案件、双方の案件が出ており、それぞれ応募条件が違っているので、詳細は個々に確認するようにしてください。

 

リクルートエージェント

9万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。グローバルな仕事の取り扱いに長けており、海外出張・海外駐在が想定される海外勤務案件についても、多数保有しています。商社からの海外勤務案件の取り扱い数も多いので、要チェックです。

 

海外営業、財務・経理、人事、法務、経営企画、生産管理、品質管理等、募集がかかっている職種は様々です。海外における新規事業立ち上げ、海外におけるM&A・事業統廃合、複数海外拠点の統括管理といった極めて高い専門スキルが要求されるハイクラス案件も多くなっています。

 

海外勤務の赴任先は、アジア・北米を中心に、アフリカ・中東・西欧・東欧・ロシア・南米と全世界に及ぶため、これらの地域におけるビジネス経験・駐在経験を持ち合わせていれば、転職時に有利です。

 

語学力に関しては、ビジネスレベルの英語力(TOEIC800以上)が要求されるケースが多いのですが、技術職の場合、中級程度(TOEIC600程度)のスキルがあれば問題なしとされる案件もあるので、このあたりは個々に確認するようにしてください。

 

リクルートエージェントの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

ビズリーチ

年収1000万レベル、もしくは1000万円オーバーのハイクラス求人専門の転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナル職の求人案件の取り扱いに長けており、商社からの海外勤務案件についても、常時保有しています。

 

専門商社、総合商社、いずれからの求人もカバーしていますし、募集がかかっている事業領域は非常に幅広くなっていますが、特に金属、機械、自動車・輸送機器、化学、環境・エネルギー、食品、繊維(アパレル)といった分野に進出している商社からの求人が多くなっています。

 

募集職種も多岐に渡りますが、営業・マーケティング、経営企画・事業企画、財務といった職種において、求人数が多くなっています。

 

また、ビズリーチはマネジメント職の求人案件の保有数が多く、上記の職種におけるマネージャー・部長職の求人案件、海外事業統括部長、事業開発ディレクター、海外子会社社長といった上級管理職、経営幹部クラスの求人案件も常時出ています。

 

ビズリーチの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

ジャスネットキャリア

会計、経理、財務、税務専門の転職会社。税理士法人や会計事務所、監査法人からの求人に加えて、民間企業の財務経理部門からの人材募集案件を扱っています。総合商社、専門商社からの求人案件も常時保有しているので、経理・財務関係の仕事を探している人は、必ず連絡しておくべきエージェントと言えます。

 

海外子会社の財務管理(月次決算、年次決算、連結決算処理)を担当するといった業務内容の案件も出ており、そのなかには将来的に海外拠点への赴任が前提とされる海外勤務案件も含まれています。

 

転職希望者に求められる条件に関しては、決算業務の経験があれば良しとする案件もあれば、IFRSやUS-GAAPに精通していることが条件とされる案件もあります。求人ごとに違っているので、個々に確認するようにしてください。

 

エリートネットワーク

20代、30代の若手ビジネスマンの転職支援に力をいれている人材紹介会社。将来的に会社の中核社員として活躍出来るような優秀な人材を募集する企業からの求人に特化しているエージェントであり、総合商社・専門商社からの案件も常時扱っています。

 

海外営業、調達購買、財務管理、経営企画、海外事業管理といった職種において、現地拠点の駐在員を募集する海外勤務案件が多数出ています。また、将来的に海外拠点の幹部候補としての採用となる求人も出ており、数年間は国内本社・支社勤務で経験を積んで、海外勤務に移行するといった内容の案件となるため、これまで海外ビジネス経験がない人でも、該当業務に関するスキルが高ければ、十分に採用される可能性があります。

 

FINES TOKYO

アパレル業界専門の人材紹介会社。繊維商社・アパレル専門商社からの求人案件を取り扱っており、そのなかには現地拠点の駐在員を募集する海外勤務案件も含まれています。営業、調達購買、生産管理、品質管理といった職種の求人が中心です。

 

海外の製造委託先企業に出向して、現地スタッフの技術指導にあたるといった業務内容の案件も出ており、委託先工場が中国・東南アジアに集中していることから、英語だけでなく、中国語を含むアジア各国の現地語に精通している人材が募集されています。

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。