日系企業の海外進出ペースは年々加速しており、いまや海外で事業を展開することは珍しいことでも何でもなくなりました。地方の小さな企業でも、海外に営業拠点や製造拠点をおいて、精力的にビジネス展開しています。また、IT関係の企業だと、設立直後から、海外に進出するということも一般的になってきました。

 

海外勤務求人

 

こういった背景から、求人市場においても、現地に赴任して働く人材を募集する海外勤務案件が多数発生しています。求人が発生している業務・職種は様々ですし、海外勤務経験が豊富な人材を募集する求人もあれば、海外経験は不問とする求人も出ているので、これまでの職歴・経歴を加味して、自分に合った転職先を選択することが出来ます。

 

逆に、選択肢が豊富なので、選ぶのが大変なぐらいです。実際、自分で求人を探そうとしても、情報が多すぎて戸惑うだけという結果になるケースが少なくありません。

 

下記に、海外勤務案件の取り扱いに長けている転職エージェントをリストアップしていますので、真剣に仕事を探している人は、一度相談してみてください。彼らはプロなので、希望条件と職歴を伝えれば、最も最適な転職先候補を探して提示してくれますし、実際に応募する時となれば、企業相手の給与交渉などを代行してくれます。

 

時間と労力を省くことが出来るので、とても便利な存在です。ぜひ活用してみてください。ちなみに、その時には、複数のエージェントに同時にコンタクトすることをオススメします。エージェントごとに保有している情報が違うので、1社だけにすると偏りが生じます。複数の情報ソースを持つことで、様々な角度から情報を集めることが出来るので、このほうが安心です。

 

リクルートエージェント

8万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。海外勤務案件の取り扱いに力を入れており、世界各国への駐在案件を押さえています。(他のエージェントがあまり押さえていないようなアフリカや中東、南米といった地域への赴任案件もカバーしています。)

 

あらゆる業種・職種を押さえているので、海外勤務の求人を探す時には、必ずコンタクトしておくべきエージェントと言えます。

 

リクルートエージェントはオールマイティな存在なので、下記にリストアップしているエージェントというのは、リクルートと比較して、この部分に強みがあるというエージェントを選んでいます。

 

リクルートエージェントの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を入れないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。

 

年収1000~2000万円レベルのハイクラス案件専門の転職エージェント。マネジメント職、及び専門性の高いプロフェッショナル職の求人案件を多数保有しています。マネジメント職については中間管理職から上級管理職、役員クラスまで、あらゆるポジションの案件をカバーしています。

 

海外勤務案件についても、様々な案件を扱っています。リクルートエージェントと比較すると、海外子会社社長、海外工場長といった、現地拠点のトップとして事業管理を行う人材を募集する案件、海外事業管理、経営企画、新規事業立ち上げといった、事業そのものに関与するポジションに就く人材を募集する案件が多くなっています。

 

ビズリーチの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

ジャスネットキャリア

経理財務、総務、人事、法務、経営企画といった管理部門専門の人材紹介会社。税理士、会計士、弁護士、弁理士といった国家資格保有者を募集する企業からの求人案件を多数保有しているエージェントでもあります。

 

海外拠点に赴任して、現地の経理財務を管理する、人事担当者として現地スタッフの採用・教育を担うといった業務内容の案件を常時扱っています。法務・知財に関しては、海外企業との契約交渉や契約文書締結、現地市場における知的財産管理などを行う国際法務職の求人が多数出ていますが、日本国内勤務となるケースが多いです。

 

IT転職ナビ

IT業界、インターネット業界専門の転職エージェント。海外に開発拠点、営業拠点を置く企業からの現地に駐在する人材を募集する海外勤務案件を多数保有しています。アジア駐在となる案件が大半です。シンガポールに赴任して、ASEAN域内を飛び回るといった案件も出ています。

 

大手企業から、会社が設立されてから間もないスタートアップベンチャーまで、会社規模は様々です。おおまかな傾向としては、大手は海外勤務経験も含めて、実務経験が豊富なベテランを募集するケースが多く、一方、若い会社は経験不問でやる気がある人材を採用するといったケースも珍しくない状況です。

 

建設・設備求人データベース

建設・プラント・設備業界専門の人材紹介会社。メーカー、エンジニアリング会社、建築会社(ゼネコン・サブコン)からの求人を多数保有しており、海外勤務案件についても常時扱っています。

 

各種プラントエンジニアや施行管理責任者、海外プロジェクト関連の保険業務担当者(契約時の保険関連条項交渉、保険料試算、保険事故対応、クレーム対応等)、現地における資金調達・財務管理担当者などを募集する求人が中心です。赴任先は文字通り世界各国です。

 

エリートネットワーク

20代後半、30代の若手ビジネスマンの転職支援に力を入れている人材紹介会社。中核社員として会社を引っ張っていくような有能な人材を募集する企業からの案件が多く、海外拠点に赴任して、現地事業の管理に携わる人材を募集する海外勤務案件についても、多数の求人が出ています。

 

役職が付かない求人もありますが、赴任後は実務をこなしながら、現地スタッフのマネジメントも任されることになるため、実質的には管理職としての働きが求められることになります。

 

JACリクルートメント

日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。北米、東南アジア、東アジア、中国を中心に、海外勤務案件の取り扱いに力を入れており、多数の求人を保有しています。オールマイティに扱うエージェントなので、リクルートと被る部分が多いのですが、独自案件を持っていることもあるので、一度はコンタクトしておくことをオススメします。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。