妻の海外赴任

 

『パリのオフィスから、正式にオファーが来た!』

 

妻の海外赴任の話は、突然、実現化しました。プロフィールページにも書いてありますが、妻はフランスの金融機関の日本法人で働いていますが、グループ内での人材の流動性を高めるということで、別の国のオフィスへの異動を希望する人間を募っています。

 

妻は昔から、海外で働いてみたいという願望を持っていたようですが、はじめて、本気で志願したのが、2013年。もう6年も前の話となりますが、その時には、紆余曲折があって、結局は実現しませんでした。

 

(このあたりの経緯は、プロフィールページに書いています。)

 

その後も、海外のオフィスで働きたいということは、折りに触れて、会社に伝えていたみたいなのですが、実現しそうな気配は全くありません。

 

私も妻も、このまま日本で働き続けることになるのではと考えていたのですが、そんなある日、いきなり、パリから正式なオファーがきました。

 

その日は金曜日だったので、近所の行きつけの居酒屋にいって、ヒレ酒を呑みながら、オファーのレターを見せてもらったのですが、なかなか悪くない条件。

 

このチャンスを逃したら、今後、同じような機会が得られるとは考えられないということで、妻はその気です。

 

私も、一度はヨーロッパに住んでみたいと思っていたので、『いいんじゃない』と、このオファーを受けることが決まりました。

 

・・・ということで、駐在男子の誕生です^^

 

(妻は所属先がフランスのオフィスに移るので、正確に言えば、駐在員ではないのですが、言葉の便宜上、駐在ということにしておきます。)

 

フランスのオフィスに移る予定は、今年(2019年)の9月。

 

※追記
はじめて話を聞いた時には、気楽に答えましたが、このことを、後に、少し後悔しました(^_^;)

 

想像以上に、色々と大変そうだからです。とはいっても、止めるという選択肢はなく、今も準備は進めています。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。