もし、あなたがビジネスマンとして、キャリアアップすることに意欲的なのであれば、海外勤務は絶好の機会となります。日本で働くよりも、確実にステップアップすることが出来ます。その理由をまとめてみます。

 

海外駐在とキャリアアップ

 

理由その1:膨大な業務をこなすスキルが身につく

海外勤務になると、間違いなく日本にいたときの2~3倍の業務をこなすことになります。複数の役割を同時にこなすことが求められるからです。

 

たとえば、営業職として赴任したとしても、貿易実務や物流管理(ロジスティクス)も兼任する、経理業務や人事業務の一部を兼任するといったことが普通になってきます。

 

現地法人の経営管理業務を担うことも珍しくなく、そうなると、あらゆる業務をカバーすることが求められます。

 

こういった現地での業務に加えて、日本法人との連絡役としての役割も求められます。日本人駐在員が数人といった会社だと、本社が関係している業務が全て回ってきます。

 

業務負担が非常に増えますが、それだけに効率良く仕事をこなすスキルを身につけざるを得なくなり、結果的に実務能力を鍛える良い機会となります。

 

理由その2:マネジメントスキルが身につく

海外駐在員ともなれば、ただ実務をこなしていればいいというわけにはいきません。十中八九、現地スタッフの管理を任されることになります。

 

そのため、海外勤務イコール管理職になると考えてください。日本でマネジメントの経験がなかったとしても、否応なく管理者のポジションに座らされます。

 

これは見方を変えれば、マネジメントスキルを磨くチャンスをもらえるとも考えられます。しかも、部下は外国人。日本の感覚が通用しない人達ですから、管理するのは尚更大変です。それだけに、海外勤務を通じて、現地スタッフを管理するスキルを身につけることが出来れば、それは大きな武器となります。

 

その土地(国)にあったマネジメントが出来る柔軟性を身につけているため、仮に日本に帰国したとしても、すぐに日本人に合った管理手法を理解して実行することが出来ます。

 

理由その3:視野が広がる

異国の文化に接するというのは、それだけでも貴重な経験になります。自分が持っていた常識が全く通用しないケースも珍しくなく、そういった環境に身を置くことで、自然にモノの捉え方、考え方が広がります。

 

人間としての器が大きくなる、人間力がアップするとも言えますが、これはビジネスマンにとって、とても大きなことです。

 

理由その4:精神的にタフになる

海外駐在を経験すれば、間違いなく精神的に強くなります。慣れない外国に住むというだけでも精神力が鍛えられますし、ビジネス環境も完全実力主義で厳しい世界であり、そのなかで外国のビジネスマンと渡り合うというのは、極めてタフなことです。

 

日本のように、なあなあの感覚とか日頃の付き合いといったことで、物事が決まることはないので、非常にシビアです。ビジネスマンとしての実力がなければ、すぐに脱落します。

 

喩えて言うならば、日本のプロ野球選手がメジャーリーグで勝負するようなものでしょうか。メジャーリーグのほうが日本よりも過酷なことは、日本でトップクラスの成績を残した選手でさえ、メジャーで活躍し続けるケースは少なく、レギュラーにすらなれないことも多いということからも分かります。

 

こんなふうに、ビジネスの世界においても、海外では日本以上の実力が求められます。そのなかで、頑張っていけば、人間として強くなるのは必然です。

 

理由その5:語学力・外国人向けコミュニケーション能力が身につく

海外で働いていれば、語学力・コミュニケーション能力は自然に身につきます。これは言うまでもないことですが、重要なのは実践的な語学スキル・コミュニケーションスキルというのは、日本で勉強するだけではなかなか身につかないということです。

 

ですから、日本国内で働き続けている人と海外勤務者では、持っているスキルに雲泥の差がつきます。

 

理由その6:人材としての価値が高くなる

以上の結果、ビジネスマンとしての実力が高くなるので、転職市場においても高く評価されることになります。特に海外駐在員を求める企業からすれば、駐在経験者はのどから手が出るほど欲しい人材であり、かなりの好条件を提示する可能性が大です。

 

ヘッドハンティングを受けることも珍しくなくなってくるでしょう。これはより良い職場に移るチャンスが増えることを意味するため、キャリアアップのスピードが速くなるのが確実です。

 

理由その7:海外就職のチャンスが広がる

海外駐在員として結果を残すことが出来れば、海外で現地の企業に就職したとしても十分にやっていけます。つまり、日本企業だけでなく、海外企業も勤務先候補になるということであり、その分ビジネスマンとしてのチャンスも広がります。

 

海外勤務

 

このように、海外勤務はあなたのビジネスマンとしての可能性を大きく広げることにつながります。もちろん、これは現地で結果を出すことが大前提ですが、そのために努力するというプロセス自体が、あなたの実力を高めることにつながります。

 

人間は環境の動物でもあるので、より厳しい環境に身を置いたほうが成長するものです。そういった意味で、キャリアップを目指すのであれば、海外駐在は経験しておいて損がありません。チャンスがあるのであれば、是非前向きに考えてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。