海外駐在員というのは、非常に過酷なポジションです。日本国内で働いていた時よりも、数段階高いレベルでのパフォーマンスが求められることになり、その要求を満たすためには、様々な能力・スキルを身につけていなければいけません。

 

海外駐在員に必要なスキル

 

それでは、具体的にどんなスキルが必要なのか。どんな業種・職種においても、これは絶対に必要というスキルをリストアップしてみます。

 

マネジメント能力

役職が付く・付かないは別にして、駐在員というのは実質的に管理職となります。現地スタッフを率いて、業績を上げることが海外駐在員に求められる役割です。

 

現地に赴任した駐在員が最も苦労するのが、このマネジメントです。日本人とは考え方や感覚が違う人間を管理するというのは、同じ日本人を管理するよりもハードルが高いものです。これまで管理職として働いていた人でも大変なことであり、日本においてマネジメント業務に携わった経験がない人にとっては尚更です。

 

海外勤務を目指すのであれば、日頃の業務のなかで、少しでもマネジメント能力を高めることを意識しましょう。一般社員であったとしても、リーダーシップを発揮して仕事に取り組んだり、周囲の人間に対する気遣いを心がけるだけでも、マネジメントスキルが磨かれます。

 

マネジメントというのは、部下の心理を把握出来るかどうか、適切に部下とコミュニケーションが取れるかどうかにかかっており、これはポジションにかかわらず、日常業務のなかで鍛えることが出来る能力なので、常に意識するようにしてください。

また、実際に海外勤務が決まったら、駐在経験がある先輩社員や上司に外国人スタッフを管理するうえで注意すべきことなどについて、話を聞いておきましょう。

 

実務処理能力

現地に赴任したら、業務負担は確実に増えます。これまで日本では2人でやっていたような業務を、1人でこなさなければいけなくなると考えてください。しかも現地スタッフのマネジメントをこなしながらなので、より一層ハードです。

 

これだけの業務をこなすには、的確に物事を処理していく実務能力が必要不可欠になります。これも一朝一夕に身につくものではないので、日本にいる時から意識してスキルを高めておく必要があります。

 

  • 仕事をより短期間で終わらせるには、どうすればいいのか?
  • 効率性を高めるために必要なことは何か?

こんなことを意識しながら、日常業務に取り組むことを心がけてください。

 

計数感覚

計数感覚というのは、数字で物事を判断する力です。財務や経理であれば、財務諸表を見て会社の経営状態を判断する能力、営業であれば、マーケティングデータや売上データを分析する能力といったものとなります。

 

現地に赴任したら、自分で会社の方針を決めていくことになりますが、的確な判断を下すためには、数字を読み解く力が必要です。

 

今は計数感覚をテーマにした本がたくさん出ているので、こういった書籍で勉強しておくことをオススメします。また、業務のなかで手に取ることが出来るデータがあれば、自分なりに分析することにもチャレンジしてみてください。

 

実行力・決断力

駐在員となれば、自分自身が責任を負って、物事を決める機会に直面することになります。ここで躊躇していたら、業務がストップしてしまいます。勇気を持って決断することが求められますし、そのためには、自分から進んで物事を進めるだけの実行力も必要となってきます。

 

これは意識の問題ではありますが、慣れていないとすぐに出来るものではありません。これもやっぱり、日頃の習慣がモノを言うので、日本にいる時から自分から率先して行動することを心がけてください。

 

コミュニケーションスキル

海外に赴任したら、現地のスタッフと協力として仕事を進めることになります。彼らの力がなければ、業務を回すことは出来ず、どれだけスムーズに意思疎通を図ることが出来るかどうかで、仕事のパフォーマンスが大きく変わってきます。

 

そのために重要なのが対人スキル=コミュニケーション能力です。幸い、コミュニケーションというのは文化や国を超えて共通するものなので、日本人相手に的確にコミュニケーションが取れる人は、外国人相手にもうまくいきます。

 

ですから、日本にいる間に、上手にコミュニケーションが取れるだけのスキルを身につけておきましょう。

 

思考の柔軟性

海外に赴任したら、日本人とは違う考えを持つ人達と一緒に仕事をすることになります。日本人からすれば、非常識としか思えないようなことが、現地の人にとっては当たり前だったりもします。

 

これは、どちらが良い悪いという問題ではないので、何でも日本の感覚で考える限り、絶対にうまくいくことはありません。

 

自分からすれば、常識外れと思うようなことでも、これが相手の人にとって大切な価値観と捉え、受け入れるだけの度量がなければ、海外ではやっていけません。

 

ここでポイントとなってくるのが思考の柔軟性です。頭を柔らかくして、物事をニュートラルに捉えることが出来るように、自分の価値観に囚われず、相手の考えを尊重することを心がけましょう。

 

語学力

海外で仕事をするのですから、語学力は当然必須です。最低限、英語で意思疎通が出来るだけのスキルを持つことが必要です。それに加えて、会社によっては現地語を理解する能力が求められることもあります。

 

ただし、語学力に関しては、ここまであげてきたスキルと比較したら、オマケ程度に過ぎないと考えてください。語学が出来ても、仕事をこなす能力がなければ全く意味がありません。

 

逆に、仕事が出来る人であれば、少しぐらい言葉が出来なくても十分対応出来ます。(コミュニケーションスキルがあれば、片言でも十分に仕事を回せます。)

 

海外駐在となると、まず第一に語学と考える人が少なくありませんが、これは大きな間違いです。何よりも大切なのは仕事をこなす力であることを理解してください。

 

 

以上となりますが、どのスキルも短期間で身につけるのは難しいということが、お分かりになると思います。実際、こういったスキルというのは、何年にも渡って努力することで、はじめてモノになるものです。

 

同時に、日常業務のなかで磨くことが出来る能力でもあるので、常日頃の仕事に対する取り組みがいかに重要であるかということです。

 

海外駐在員を目指すのであれば、駐在の予定がなくても、先を見越して駐在員として必要なスキルを身につけるために努力することを心がけてください。こういった地味な努力が将来に活きてきます。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。