海外駐在ガイドにようこそ!

 

管理人の『サンタ』です^^

 

海外駐在ガイド管理人

 

もちろん、偽名です。言うまでも無いか(;^_^

 

私は40代の男性、IT関係の仕事をしている自営業者です。私は日本で普通に仕事をしている人間なので、一生海外駐在というものとは縁がないであろう人生を送ってきたのですが、去年(2014年)の秋頃から、急に旗色が変わってきました。

 

管理人の妻は、金融関係の仕事をしているのですが、アジア赴任の話が持ち上がってきました。香港とシンガポールにオフィスがある会社で、毎年のように、日本のオフィスからスタッフが送り込まれており、年始めに海外勤務を希望するかどうか聞かれるそうです。

 

それで、昨年の初めに『女だし、実際にはないだろう』と軽い気持ちで『希望する』と答えておいたら、秋頃から急にそんな話が持ち上がってきました。

 

確定したわけではないのですが、実現の可能性が十分に考えられることであり、夫婦で実際にどうするのかといった話を真剣に行うようになりました。

 

私も妻もアメリカの大学への留学経験があり、毎年のように海外に遊びに行っている人間なので、海外に住むことに抵抗はありません。私自身、一度は海外に住んでみたいと考えていたので、実現したらラッキーというのが正直な気持ちです。(IT系の仕事なので、場所を選ばずに仕事が出来るので、海外に住むことには全く支障がありません。)

 

その反面、そう簡単にいく話ではないのも事実。本当に日本を出るのであれば、クリアしなければいけないことがたくさんありますし、数年後に日本に帰国するであろうことも事実なので、これが本当に私たち夫婦の人生にとって良いことなのかということも考えなければいけません。

 

それで、IT関係の仕事をしているという職業がら、ネットを使って色々と情報収集を始めています。実際に海外駐在を経験した人の話を探して参考にしているのですが、全く知らなかったことばかりで、楽しみながら勉強しています。

 

それで、調べたことをキチンと整理すること、忘れた時にすぐに確認出来るようにすることを目的に、このサイトを立ち上げました。

 

自分が知りたいことを中心にまとめているので、情報が偏っている部分がありますし、分かりづらいところもあるかもしれませんが、近い将来に海外勤務が予定されている人にとっては、参考になる部分もあるのではと思います。

 

出来る限り、間違えのないように注意してまとめているのですが、人によって意見が違うこともあり、細かい部分で、事実と違っているところがあるかもしれません。このことを頭に入れて、あくまでも一つの参考意見という程度にお読み頂ければと思います。

 


間違いに気付いた時には、随時修正していきますので、もしかしたら前回見た時と違っているということがあるかもしれませんが、予めご了承ください。

 

※2016年6月追記

紆余曲折があり、妻の海外赴任はキャンセルとなりました。軽く、背景を説明すると、妻が働いているのはフランス資本の会社なので、本社がパリにあり、去年の夏頃から、パリに赴任するという話が進んでいました。

 

ところが、昨年のテロの影響でペンディングとなり、その間、市場環境の変化もあり、しばらくはこのままということになりました。ただ、もしかしたら、近い将来、再度話が持ち上がるかもしれないのと、せっかくなので、このサイトは、このまま運営していきます。引き続き、よろしくお願い致します。