サウジアラビアの駐在員候補を募集する求人

 

サウジアラビアは、中東ではUAEと並んで、最も日系企業が進出している国であり、駐在員候補を募集する求人案件についても、頻繁に発生しています。サウジアラビアと聞くと、石油関連と思われるかもしれませんが、今はそれだけではありません。

 

サウジアラビアは、個人所得税がなく、教育や医療にかかる費用の多くが、政府によって負担されています。それでいて、今では平均月収が35万円にまで伸びているので、実質的な所得水準というのは、日本や欧米諸国を上回っています。

 

そのため、消費者マーケットが拡大しており、今後もさらなる成長が見込める有望な市場ということで、メーカーを中心に、日系企業の進出ペースが加速しています。また、商業施設を中心に建設ラッシュが起きているため、建設・土木関連企業の投資額も増加しています。

 

現在、サウジアラビアに事業拠点を持つ日系企業は100社を超え、現地に駐在する日本人ビジネスマンも1000人に達しています。

 

2017年3月には、トヨタやJXグループ、メガバンクが、サウジアラビア政府と、現地生産・投資促進といった分野における経済協力の覚書を交わし、30以上のプロジェクトの設立に合意するなど、今後、ますます、日系企業の進出ペースは増えていくでしょう。

 

そのため、サウジアラビアへの駐在員候補を募集する求人も、それなりの数が出ているというわけです。なお、実際に採用される場合には、2~3年は海外出張ベースで、業務に取り組んで、慣れてから現地に赴任するというパターンが主流です。

 

これは、サウジアラビアは、世界のなかでも独自の習慣を持ち、日本人がいきなり飛び込むのは難しいという背景があるからですが、そのため、応募時には、海外勤務経験が求められないケースが多く、海外未経験者が挑戦することも可能です。

 

(もちろん、海外業務経験者、駐在経験者であれば、高く評価され、歓迎されることになります。中東経験者の場合、採用直後から、サウジアラビアに駐在することもありますが、その場合、給与などの条件面は、かなり厚遇されることになります。)

 

募集職種については、営業(営業企画)、マーケティング、経理財務、経営企画、海外事業管理、施工管理、建設設計、プラントエンジニア、プロジェクト管理、プロセス設計、品質管理など、多岐に渡るので、チャンスは豊富に存在します。

 

大手の転職会社のなかで、海外勤務案件の取り扱いに力を入れているところにコンタクトすれば、サウジアラビア駐在の求人案件を紹介してもらえるので、興味がある人は、ぜひ問い合わせてみてください。

 

代表的な転職会社をあげると、下記の通りとなります。

 

特に、JACリクルートメント、リクルートエージェントは、取り扱い頻度が高いので、情報源として最適です。また、ビズリーチは、マネジメント職や専門職の求人案件の取り扱いを主軸としているので、管理職としての転職を検討している人、もしくはエンジニアにオススメの情報源です。

 

その一方で、マイナビエージェントは、20代の若手層の転職支援を得意としており、未経験者・第二新卒者を歓迎する求人を多数保有しています。サウジアラビアへの駐在を前提とした採用となる求人も、そのなかには含まれているので、これから海外に挑戦してみたいという人に最適です。

 

(基本的な英文法、初歩的な英会話が出来る程度の語学力が、必要応募条件として、提示されるケースが多いです。)

 

補足)コンサルティングファームからの求人需要

これは、2016年頃から目立ってきたことですが、コンサルティング会社からの求人のなかで、サウジアラビアを含む中東駐在の可能性アリといった案件が出てきています。

 

国内外において、財務・会計・人事労務のコンサルティングを手掛けるコンサルティングファームや、経営コンサルティングを手掛けるグローバルファームなどからの募集案件となりますが、応募条件の間口が広いので(特定業種での勤務経験があれば可など)、チャンスは多いです。

 

コンサルタント未経験者でも問題ないので、興味がある人は、ぜひ、こういった案件もチェックしてみてください。(上記でリストアップした転職会社のなかでは、JACリクルートメント、ビズリーチは、こういったコンサルタント募集案件に強いです。)

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。