ポーランド駐在の求人

 

2004年のEU加盟以来、経済成長を続けているポーランド。リーマンショック、ギリシャ危機の時でさえ、プラス成長を維持するなど、いまや欧州のなかでも、最も活況がある国の一つであり、日系企業の進出ペースが、加速しています。

 

2016年末時点で、現地に事業拠点を置く日本企業は、300社以上。欧州向けの商品を生産する製造拠点としているメーカーが最も多くなりますが(特に自動車、家電、食品といった業種のメーカーが多いです)、近年では、ポーランドを有力市場とみなして、参入する企業も増えてきています。

 

(日本製品は、ポーランドでは、非常に人気があり、ブランドとなっています。)

 

また、現地に進出している日系企業をターゲットにした、金融機関、コンサルティング会社、物流企業の進出ペースも加速しています。

 

そのため、ポーランドへの駐在員候補を募集する求人についても、少しずつ見受けられるようになってきています。工場の生産管理・品質管理、海外営業といった職種が中心ですが、経営企画、海外事業管理、工場管理など、現地の事業運営を担うポジションでも、求人が出ています。

 

まだまだ、求人数自体は限られているため、タイミングによっては、応募出来る求人がゼロというケースもありますが、比較的、高い頻度で新規求人が発生しているため、地道に探し続けていれば、チャンスはあります。

 

下記に、ポーランド駐在の求人案件の取り扱い実績がある転職会社をリストアップしていますが、今後、新しい求人が出てきた時にも、この3社のいずれかが扱う可能性が高いので、ぜひ一度、連絡を取ってみてください。

 

ビズリーチ

年収1000万円以上のハイクラス求人に特化している転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナル職、及び、マネジメント職の求人案件を多数保有しています。

 

海外勤務案件の取り扱いにも力を入れており、世界各国における駐在員候補の募集案件を扱っているので、ポーランド駐在の求人を探す時にも、オススメの転職会社です。

 

対象となる業種・職種は、JACリクルートメント、リクルートエージェントと変わりませんが、ハイクラス専門ということで、経営幹部、マネージャークラスの求人が中心となるのが、特徴です。

 

また、経営コンサルタント、財務コンサルタントなどを募集する求人の取り扱い頻度が高いので、コンサルタントとしての転職を目指している人は、一度相談してみることをオススメします。(会計士や弁護士の有資格者を募集する求人の保有数も多いです。)

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。ポーランド駐在の求人案件の取り扱い実績が、このページでリストアップしている3社のなかでも、特に多く、最も頼りになる情報源といえる存在です。

 

特に、メーカー(自動車、電機)、総合商社、金融機関からの求人案件の取り扱い実績が豊富です。職種については、海外営業、工場管理が中心となりますが、経理財務、法務(知財・商標)、経営企画といった管理部門関連の求人も扱っています。

 

また、各職種のマネージャー候補、現地子会社の統括責任者候補、ポーランド工場長候補等、中間管理職から経営幹部クラスまで、マネジメント層の求人案件の取り扱い実績も豊富です。

 

いずれも、即戦力となる人材が求められているため、該当業務に関する実務経験が必須となりますし、マネジメントレベルであれば、管理職経験、リーダー職経験も求められます。また、求人によっては、海外勤務経験も応募条件に含まれるケースもあります。

 

ハードルは高くなりますが、それだけに提示されている想定年収も高く、800~1000万円レベルは確実に見込めます。(経営幹部クラスであれば1500万円オーバーの可能性もあります。)

 

そのためJACリクルートメントは、経験豊富な人が、その実績を活かして転職を目指す時に、相談先として最適な転職会社です。

 

リクルートエージェント

10万件以上の求人案件を保有する国内最大手の転職エージェント。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外勤務案件についても、多数保有しています。ポーランド駐在となると、数は少なくなりますが、それでも、常時、何らかの求人を確保しているので、要チェックです。

 

冒頭であげた、メーカー、金融機関、コンサルティング会社、物流企業、全ての求人を押さえています。また、上記で挙げたJACと比較すると、応募条件が緩い求人が多いので、社会人としての経験が浅い人、海外経験・外国企業とのビジネス経験がゼロという人にもチャンスがあります。

 

ただし、その場合、日本国内で1~2年程度、働いた後に、ポーランドに赴任するという形になるケースが一般的なので、入社と同時に、ポーランド勤務というのは難しいと考えてください。

 

オマケ:現地採用求人を探す時に、オススメのサイト

最後に、欧州での就職・転職を目指す日本人向けに、転職支援サービスを行っている、現地の転職会社を紹介します。『リクルートヨーロッパ』という会社です。
http://www.recruit-europe.eu/jp/index

 

ポーランドにデータセンターを置いて、活動している会社であり、ドイツ、チェコ、ベルギー、ウクライナなど、欧州全域の求人をカバーしていますが、そのなかでも、ポーランドの求人に力を入れており、ワルシャワ、カトビチェなどが勤務地となる求人を、常時扱っています。

 

現地採用となる求人が多いので、駐在員待遇とならず、待遇面については、日本の転職会社が扱っている求人よりも落ちるケースが多いのですが、それでもポーランドで働けるチャンスを模索している人にとっては、貴重な情報源となります。

 

また、稀に駐在員待遇での採用となる求人を紹介してもらえることもあるので、興味がある人は、ぜひ連絡を取ってみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。