このサイトでは、駐在員候補を募集する求人案件の探し方について、国別・地域別にご紹介していますが、キューバ駐在の求人に関しては、現時点においては、探しようがないというのが、正直なところです。

 

キューバ駐在の求人

 

テロ指定を受けるなど、長年に渡り、アメリカと対立関係にあったため、アメリカ市場における影響を恐れて、キューバに進出する日系企業が殆ど存在しなかったためです。

 

2015年末時点で、現地に拠点を置く日系企業は商社や旅行代理店など、僅か13社、在留邦人数は85名と、ごく少数に留まっており、駐在員の採用ニーズが、そもそもありませんでした。稀に求人が出ることもあったようですが、かなりの特殊例です。

 

2016年にアメリカとキューバが国交正常化したことを受けて、商社・メーカーのなかで、キューバに投資を始めた企業が出てきているので、今後は、状況が変わるかもしれませんが、現時点では、まだまだ幸先は不明瞭です。

 

こういった状況のため、今すぐ、キューバ駐在の求人を見つけるというのは、極めて難しいのですが、数年程度の長いスパンで見るのであれば、海外勤務案件の取り扱いに力を入れている転職エージェントに登録をしておくことをオススメします。

 

一度登録しておけば、新規求人が発生した時に、その都度、連絡してもらえるので、複数のエージェントに登録して、常に最新の情報と接することが出来る態勢を築いておけば、いちはやくチャンスを掴むことが出来ます。

 

下記のエージェントであれば、海外勤務案件の取扱数が非常に多いので、登録先として最適です。

 

<海外勤務案件の取扱数が多い転職エージェント>

なお、これらのエージェントは、北米・中南米を赴任先となる求人を常時扱っているので、興味がある人は、こういった求人の状況についても、問い合わせてみることをオススメします。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。