海外駐在というと、語学力が必須と思われるかもしれませんが、必ずしも、そうとは言えません。数年前と比較すると、一定レベルの英語力が必須とされる求人の割合が増していますが、今でも、職種によっては、語学スキルは不問とされるケースもあります。

 

海外駐在の求人において、必要とされる英語力

 

また、年代や採用ポジションによっても、求められるレベルが違ってきます。業種や赴任先によっても違ってくるので、このあたりは細かく見ていくとキリがないのですが、大まかな傾向としては、下記のようになります。

 

営業職はビジネスレベルが求められるケースが多い

語学力が求められるケースが最も多いのが営業職。海外顧客相手にコミュニケーションを取らなければいけないので、ビジネスレベルの英語力は最低限のスキルとして求められると考えてください。(TOEICで言えば最低700、900以上のスコアが要求されることも珍しくありません。)

 

中国や東南アジア、南米、中近東など、英語圏以外の地域に赴任する時にも、営業職の場合、英語スキルは必須となるケースが大半です。

 

海外営業職は、国内営業経験とビジネスレベルの英語力があれば、海外経験が無くても採用されやすい職種なので、今現在、営業マンとして日本で働いているのであれば、語学を磨くのが、転職するための最短ルートです。

 

技術職は、それほど高度な英語力は求められない

駐在員を募集する求人で、最も語学が重要視されない職種の代表格が技術職です。技術職といっても多岐に渡りますが、その分野において、高度な専門スキルを有していれば、英語が出来ないといったことなどは、全くの不問になります。

 

いざという時には、専用の通訳者を用意してもらえるといったこともあります。実務スキル、専門知識で勝負出来る職種なので、海外駐在に興味がある人は、英語が出来なくても積極的に転職活動に取り組むことをオススメします。

 

国内勤務があるかどうかで、要求度が違ってくる

海外営業職のように、語学力が重要な職種においても、英語が出来ない人間が採用してもらえるチャンスが一つあります。それは、国内勤務を経てからの海外赴任という流れでの採用となるケースです。

 

この場合、1~2年ぐらいは駐在員候補として、日本本社で働きながら、必要な業務知識を学ぶなど、海外赴任の準備を進めることになります。この時に、英語を勉強するということを条件に、語学スキルが無い人間が採用されることは珍しくありません。

 

ただし、こういったケースは、企業側がどうしても、この人に働いて欲しいと考えるぐらい、ビジネスマンとして優秀な人材に限られるので、その点は要注意です。(もしくは、若年層に限られます。この点については、後ほど、改めて説明致します。)

 

管理職になると、ビジネスレベルの英語力は必須

昔は、役員・部長といった経営幹部・上級管理職クラスだと、秘書を兼ねた通訳スタッフが専属で付いたものですが、今はそんなことはありません。むしろ、部下を管理するうえでは、コミュニケーションが必要不可欠ということで、一般職よりも、高い語学力が求められるようになっています。

 

求人を見ると分かりますが、TOEIC800、900といったレベルが必須とされる求人の大半は、管理職レベルです。また、外国人の部下を持った経験がある人物に限るといった条件の求人も出てくるなど、コミュニケーションスキルに対する要求度はどんどん高くなっています。

 

ポテンシャル採用であれば、英語が出来なくても大丈夫

先ほども少し触れましたが、企業は将来性を見越して、若いビジネスマンを採用することがあります。これはポテンシャル採用と呼ばれるケースですが、採用後、自社で育てるという発想なので、能力・スキルについては、あまり重要視されません。

 

駐在員候補としての採用となる求人でも、英語力は不問とされることが珍しくないので、語学が苦手な人でも大丈夫です。ただし、あくまでも若年層に限られるので、30歳を超えると、対象にはならないと考えてください。

 

なお、ポテンシャル採用は人物重視なので、性格の良さやコミュニケーション能力などが、主な判断材料になってきます。

 

より細かいことを知りたい人は転職会社に直接確認してください

上記の内容は、あくまでも一般的な傾向に過ぎません。全体像を掴むうえでは役立ちますが、実際に転職先を探す場合、どういった条件になるのかは、企業によって違いますし、同じ企業・職種の求人でも、タイミングによっても差異が生じることになります。

 

そのため、詳細まで把握したい時には、転職会社に確認することをオススメします。転職を希望する業種・職種と、これまでの経歴・プロフィールを伝えれば、どういった企業に転職することが可能なのか、どういった条件になるのかなど、細部まで教えてもらうことが出来ます。

 

下記にも触れていますが、リクルートエージェントビズリーチDODAなどは、海外駐在の求人事情に精通しているので、相談先として最適です。また、JACリクルートメントマイケルペイジなども、海外駐在案件を積極的に扱っているので、問い合わせれば、色々と教えてもらえるはずです。

 

リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。