海外駐在員というのは、どのようポジションであれ、赴任先においては現場の中核社員として働くことが求められます。役職が付かなくても、現地スタッフを管理・指導して業務を遂行することになるため、業務スキル・マネジメントスキル双方において、高いレベルが要求されます。チームをまとめられるだけの人間性、リーダーシップ、コミュニケーションスキルなども必須です。

 

未経験者向け駐在求人

 

業務量についても、日本国内の数倍になるのが当たり前と言われており激務です。そのため、日本から海外に派遣される駐在員というのは、優秀なエリートです。つまり、未経験者がすぐに務められる仕事ではなく、従って企業側も中途採用で未経験者を採用することはありません。

 

ただし、ここで言う未経験者というのは、実務経験が無いという意味であり、海外勤務経験がないという意味ではありません。該当業務に関する経験が豊富で、高い実務スキルを持っていれば、海外経験がなくも駐在員として採用される可能性は十分にあります。

 

たとえば、自動車部品メーカーが海外拠点に赴任する営業マンを募集しているとします。営業経験の全くがない人間が応募しても採用される可能性はゼロですが、自動車業界において長年、営業マンとして働いてきて、実績も豊富という人であれば、採用される可能性のほうが高いです。ただし、この場合、いきなり現地に駐在するというのではなく、日本国内で1年ほど勤務した後、赴任するという形になるのが一般的です。

 

また、業種は違うけれども、営業マンとしての実績が秀逸という人も、採用される可能性は十分にあります。逆に可能性が低くなるのが、海外勤務経験はあるのだけれども、職種が違う(たとえば経理や人事の仕事をしていたなど)というケースです。

 

この例を見比べて頂ければ分かると思いますが、今すぐ入社して国内勤務において、満足に結果を出せるだけのスキルを持っているかどうかが採用の分かれ目ということです。特に技術職(エンジニア)は、この傾向が強いです。これを基準にして頂くのが分かりやすいです。

 

もう一つの可能性として、若年層(25歳前後ぐらいまで)であれば、実務経験がなくても採用される可能性があります。これは将来を見越してのポテンシャル採用という位置づけになります。こういった求人は大企業でも、設立間もない若い会社でも定期的に出すものなので、こういった案件を狙うという手もあります。

 

海外駐在絡みということでいえば、最近は東南アジアに開発拠点を設けたITベンチャーから、ポテンシャル採用の案件が頻繁に出てくるようになっています。

 

ただし、こちらも採用即駐在というわけではなく、1~2年は国内で働いて実力をつけてから、現地に赴任するという形になります。

 

こういったふうに、海外駐在案件というのは、基本的に経験者向けの求人となりますが、やりかた次第では未経験者が入り込む余地が十分にあるので、経験がない人も最初から諦める必要はありません。

 

下記に、海外勤務案件事情に精通している転職エージェントをリストアップしていますので、どんな選択肢があるのか、ぜひ相談してみてください。なお、エージェントは自社が持っている求人情報を土台にしてアドバイスをしてくれますが、保有する情報はエージェントごとに違うので、そういった意味では偏りが生じます。

 

出来る限り、多角的な視点から情報を得られるように、複数のエージェントに相談することをオススメします。

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。海外勤務の取り扱いに力を入れており、様々な職種・業種の求人をカバーしています。

 

派遣対象となる国についても、幅広くなっているので、アフリカ、中近東、東欧など、他のエージェントがあまりカバーしていないような、レアな地域への駐在案件を探す時にも頼りになります。

 

採用後、数年間は出張ベースで海外事業に携わりながら、業務を学び、実力をつけてから海外拠点に赴任するといった流れの求人で、未経験者が応募出来る案件が出ていることがあるので、興味がある人は、問い合わせてみてください。

 

(職種によらず、該当業務に関する実務経験が豊富にあれば、入社直後から、海外に駐在出来るケースもあります。マネジメント経験があれば、その可能性はさらに高くなります。)

 

JACリクルートメントの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を入れないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。

 

高収入のハイクラス求人専門の転職エージェント。管理職、専門性の高いプロフェッショナル職の求人案件を多数保有しています。実務未経験者が申し込めるような案件は扱っていませんが、海外勤務案件のなかで、海外経験不問とする案件は多いです。

 

また、管理職候補(海外拠点の事業管理や営業マネージャー等)の募集案件で、マネジメント経験不問とする案件も出ていますので、キャリアアップを目指す人にオススメのエージェントです。

 

ビズリーチの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

ハイクラス案件については、クライス&カンパニーというヘッドハンティング会社も、非常に取り扱い数が非常に多くなっています。

 

特に、20代後半から30代のキャリアアップ支援、40代エグゼクティブの転職支援を得意としているので、該当する人は、こちらもチェックしてみてください。
クライス&カンパニー

 

リクルートエージェント

8万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。海外勤務案件の取り扱いに力を入れており、特に北米・アジア地域における駐在員募集案件を多数扱っています。

 

未経験者が応募出来る案件としては、IT企業からのシステムエンジニア、ブリッジエンジニア募集案件(エンジニアとしての経験があればマジメント経験は不問)、メーカーからの営業マンの募集案件などがあります。いずれも、日本で数年間実務経験を積んでから現地に赴任するといった流れになります。

 

何らかの職種における豊富な実務経験を持つ人であれば、海外勤務案件を紹介してもらえる可能性があるので、要問い合わせです。

 

リクルートエージェントの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

 

ITエンジニアナビ

IT業界、インターネット業界専門の転職エージェント。東南アジアや中国、台湾、韓国に開発拠点を置くITベンチャーやシステム開発会社、ソフトウェア会社、ゲーム会社などからの現地駐在員募集案件を多数保有しています。

 

そのなかには、経験不問とする求人も出ています。未経験者でも採用される可能性がありますので、要チェックです。

 

MS-Japan

経理、財務、法務、総務、人事、経営企画といった管理部門に特化した人材紹介会社。海外勤務案件の取り扱い数が多くなっています。そのなかで、稀に未経験者が応募出来る案件が出てくることがあります。ただし、日本国内で数年間働いた後に、現地に赴任するといった形となり、採用即駐在という案件は皆無です。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。