フランスはヨーロッパのなかでは、現地駐在員を募集する日系企業が多い地域です。もちろん、今はアジア地域への赴任案件がダントツで多いのですが、アジアを抜かせば、フランスはアメリカ・カナダと並んで、最も駐在員の採用ニーズが高い国となります。

 

フランス駐在の求人

 

海外駐在案件の取り扱いに長けている転職エージェントに相談すれば、フランス駐在の求人案件をすぐに紹介してもらえます。下記に、取り扱い実績が豊富なエージェントをリストアップしておきますので、興味がある人はコンタクトしてみてください。

 

なお、フランス駐在の求人だと、募集元は製造(機械、自動車、輸送機器、医療・製薬、電機、化学)、及び小売り・流通、ファッション・アパレルといった分野の企業が中心となります。

 

募集がかかっている職種は圧倒的に営業職が多く、次に調達購買(バイヤー)、物流管理といったところになります。(営業については商品開発、営業戦略の策定といったマーケティング業務全般を兼任するといった内容の案件が多くなっています。)

 

また、経理・財務面を中心に、管理全般(内部統制、法務、総務、人事等)をカバーする海外子会社管理、現地事業を統括する海外事業管理、経営企画といったポジションの求人も常時発生しています。

 

求められる経験・スキルに関しては案件によってバラバラです。同じ職種でも、海外駐在経験が必須とされる案件もあれば、該当業務に関する実務経験さえあれば、海外勤務経験は問わないとする案件もあるといった感じです。一概に、こうとはいえないため、詳細については個々に確認するようにしてください。

 

フランス駐在の求人を探す時に、頼りになる4つの転職会社

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

 

年収1000万円レベルのハイクラス求人の取り扱いに特化している転職エージェント。リクルートエージェント同様、海外勤務案件の取り扱いを得意としており、世界各国での駐在員募集案件を幅広く扱っています。

 

フランス駐在の求人に関しては、現地に営業拠点を置くメーカーからの案件が中心となります。海外営業マネージャー、財務部長といったミドルマネジメントから、拠点長・統括といった役員レベルまで、様々なポジションの管理職の求人案件を保有しています。

 

海外駐在経験を求められる求人が多いので、スキルアップを図りたい人向けのエージェントと言えます。(海外赴任中の人が、転職先を探すために利用することが多いエージェントでもあります。)

 

ビズリーチの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。海外勤務案件の取り扱いに力を入れており、フランス駐在を前提とした採用となる求人案件についても、常時保有しています。

 

産業機械、自動車・輸送機器、化学、メディカルといった業種におけるメーカーからの営業マン募集案件(海外営業)が中心です。

 

現地における営業活動のマネジメント業務、予算管理業務などを担当することになるなど、日本でいえば、実質的に課長・部長クラスのポジションに就くことになるので、ハードルは少し高めです。

 

応募条件については、特にマネジメント経験などは求められないケースが多く、営業経験があれば応募可となっていますが、マネージャーとしての役割が求められる求人だと、捉えておいたほうが賢明です。

 

また、最近では、日系のアパレルメーカー、スポーツブランドなど、消費財業界からも、求人が出ています。ヨーロッパ各地に店舗を出店しているメーカーからの求人となり、フランスにおける、店舗オペレーション業務、新規出店準備業務を担当することになります。

 

消費財業界における勤務経験に加えて、英語・フランス語のスキル(ビジネスレベル)、及びフランス商習慣に関する知識などが要求されるため、こちらも、ハードルが高くなりますが、年収700万円前後の給与も見込めます。

 

JACリクルートメントの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

※補足

このところ、JACは海外向けのビジネス経験・海外勤務経験がない人材に対しては、有望な求人を紹介出来ないようになっています。(海外ビジネス経験者を募集する求人の取り扱いにシフトしているためです。)

 

そのため、海外経験がないという人の場合、リクルートエージェント、もしくはマイナビエージェントといった転職会社のほうがオススメです。

 

 

特に、マイナビは若手層の転職支援に力を入れているので、35歳ぐらいまでの人であれば、職歴などを問わず、採用するという企業からの求人を多数保有しています。

 

海外駐在案件に関しても、本人の意欲が高ければ、それで良しとする企業が少なくないので、未経験という人にもチャンスがあります。(そのかわり、本気度については、厳しく見極められるので、注意してください。)

リクルートエージェント

8万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。海外勤務案件の取り扱いに力を入れており、フランス駐在の求人についても常時、複数の案件を扱っています。営業・マーケティング、事業管理・経営企画といった職種の求人が中心です。

 

いずれの職種においても、現地拠点の事業管理に携わることが要求されることになる案件の割合が高くなっているため、マネジメントスキルは必須と考えてください。また、これらの求人とは別に、海外拠点管理、事業統括部長といった経営幹部の募集案件も出ています。

 

リクルートエージェントの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

パソナキャリア

製造業界に強い人材紹介会社。フランスに営業拠点を置く日系メーカーからの駐在員募集案件を扱っています。海外営業職の求人となりますが、マーケティングや財務管理、人員管理にも関与することが求められる実質的に経営企画に近いような内容の案件が多くなっています。

 

MS-Japan

経理・財務・人事・法務をはじめとする管理部門専門の転職エージェント。国際税務やグローバル人事、国際特許といった職種の求人で、海外駐在が予定されている案件を扱っており、フランス駐在の求人が出ていることがあるので要チェックです。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。