タイは日系企業にとって、ASEAN内の重要拠点であり、2014年度のデータでは約4000社が現地に進出しています。ここ数年に限っても、毎年数百に及ぶ企業が新たにタイに事業拠点を設けており、それに伴い、現地に駐在する人材を募集する求人案件も年々増えています。

 

タイ駐在員の求人

 

特に、年収10億~100億未満の中規模部品メーカーの進出数が顕著になっていますが、こういった企業は海外勤務に対応出来る人材が社内に不足していることから、スキル・経験といった応募条件が緩めであり、狙い目です。

 

また、これまでは、タイ駐在員となると製造業・商社が定番でしたが、警備会社の総合警備保障、中古車事業のガリバー、インターネット広告業のインタースペース、生鮮魚介卸の横浜冷凍等、現地に進出している企業の業種の幅が広くなっており、それに伴い、企業側が求める人物象も多種多様になってきています。

 

求職者側からすれば、それだけ選択肢の幅が広がることを意味しており、様々なチャンスが出てきています。仕事を探すには、理想的な状況なので、転職を考えている人は、このタイミングを逃さずに動くことをオススメします。

 

タイ駐在員の募集案件を扱っている転職エージェント

現地駐在員の求人を探す時には、海外勤務案件の取り扱いに力を入れている転職エージェントを利用することをオススメします。タイ駐在員の求人は数が多いので、個人が調べきれるものではありません。時間もかかってしまうので非効率でもあります。

 

エージェントは転職のプロなので、職歴・経歴と希望条件を伝えれば、そこに合った求人を厳選して紹介してくれます。このほうが楽ですし、間違いがありません。また、エージェントは企業相手の交渉にも長けているので、自分自身で求人に応募するよりも好条件で採用される(年収が上がる)ことが珍しくありません。

 

そういった意味でも、転職エージェントを利用したほうがいいです。ただし、大手と言えども、一エージェントが持つ情報量には限りがあるので、同時に複数のエージェントを利用して比較検討するようにしてください。

 

下記に、タイ駐在の求人案件の取り扱い実績が豊富なエージェントを5社リストアップしていますが、全てにコンタクトするぐらいのほうがいいです。ちょっと面倒ですが、それだけの価値があるので、ここだけでは手間暇を惜しまないようにしてください。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円以上のハイクラス求人専門の転職エージェント。海外勤務案件の取り扱いに力を入れており、タイに駐在する人材を募集する求人案件についても、常時扱っています。

 

メーカー、商社、ゼネコン、金融機関などからの求人が中心となりますが、最近では、インターネットサービス企業やコンサルティング会社などからの求人も増えているので、こういった業種に興味がある人も要チェックです。

 

募集職種に関しては、海外営業、海外事業企画、マーケティング、財務、生産技術、研究開発、インフラエンジニア、アプリケーションエンジニアといったところが、主なものとなります。

 

マネージャークラスの求人が多くなっており、なかにはタイ拠点の統括責任者(社長候補)としての採用となるといった案件も出ています。

 

即戦力の人材を募集する企業ばかりなので、実務経験、マネジメントスキル、語学力、海外経験などにおいて、高いレベルが求められることになります。(タイ勤務の経験者やタイ語を話せる人材のみを募集する求人も存在します。)

 

かなり厳しい条件となりますが、それだけに年収が1000~2000万円レベルとなるので、キャリアアップを狙っている人にオススメです。

 

ビズリーチの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

ハイクラス案件については、クライス&カンパニーというヘッドハンティング会社も、非常に取り扱い数が非常に多くなっています。

 

特に、20代後半から30代のキャリアアップ支援、40代エグゼクティブの転職支援を得意としているので、該当する人は、こちらもチェックしてみてください。
クライス&カンパニー

 

JACリクルートメント

日系グローバル企業専門の転職エージェント。北米、アジア向けの海外駐在案件の取り扱いに力を入れており、タイ駐在員の募集案件についても、多数保有しています。

 

製造メーカーからの海外営業、購買・物流管理、生産管理、貿易実務といった職種の求人が中心です。採用後、すぐに現地に赴任するというパターンの求人、数年間日本で働いた後に海外に赴任するというパターンの求人、いずれも取り扱っています。

 

JACリクルートメントの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

リクルートエージェント

8万件以上の求人案件を保有する国内最大手エージェント。海外勤務案件の取り扱いに力を入れており、世界各国の現地駐在案件を保有しています。タイ駐在員の募集案件についても、多数の案件を扱っています。

 

保有数が多いので、具体的な内容は書ききれないのですが、おおまかな傾向をまとめると、下記の業種・職種の求人が中心です。

 

  • 製造業(機械、電機、精密機器、自動車部品、化学等)
    • 技術職(生産技術、製造管理、品質保証)、工場管理、工場長
    • 海外営業、経理、人事
  • 食品、サービス業(スーパー、飲食店、エステサロン、カー用品、ホームセンター等)
    • 店長候補、事業管理
  • 商社
    • 営業、M&A支援、財務支援

 

求められるスキル、経験については、案件によってマチマチなので、個々に確認するようにしてください。分かりづらくなってしまったかもしれませんが、リクルートは様々な業種・職種の求人を幅広くカバーしているので、タイ駐在の求人を探す時には、必ず一度は問い合わせておくべきエージェントです。

 

リクルートエージェントの求人情報を確認してみたいという人はこちらから

 

リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

 

パソナキャリア

製造業界の求人を得意としている転職エージェント。タイ駐在員を募集する案件についても多数保有しています。製造業の営業職、技術職の求人に加えて、タイに進出している日系メーカーの現地工場建設を請け負う建築会社からの施行管理者を募集する求人案件を扱っています。

 

機械設備、電気設備、それぞれの施行管理経験もある人材であれば、年収700~1000万レベルの収入が提示されるケースも発生しています。海外勤務経験、語学は不問とされることが多いので、実務経験者で人であれば、誰でも応募することが出来ます。

 

エン転職コンサルタント

30代、40代前半の中堅ビジネスマン向けの転職支援に力を入れているエージェント。大手日系メーカーからの求人案件の取り扱い数が多く、海外駐在員の募集案件についても多数保有しています。

 

海外営業マネージャー、工場の品質管理マネージャー、製造現場管理者といった管理職レベル、海外事業推進、海外事業拠点管理といった経営管理系の求人で、タイ駐在の案件を扱っています。海外勤務経験者を募集する企業からの求人の割合が高くなっています。

 

マイナビエージェント

大手転職エージェントの一つ。日系大手企業とのコネクションが強く、様々な業種の求人案件を取り扱っています。海外勤務案件の取り扱い数も多く、タイ駐在員の募集案件についても常時保有しています。

 

メーカーの営業職、技術職の求人に加えて、IT企業のシステムエンジニア、ブリッジエンジニア、印刷会社の編集/制作ディレクター、広告会社のコンサルティング営業といった、他エージェントがあまりカバーしていない職種の求人案件を扱っています。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。