【ビズリーチ】ベトナム駐在員募集の求人

 

今回、テレビのCMが話題で、知名度が上がっている転職会社、ビズリーチに登録されている求人情報のなかから、ベトナム駐在の案件をリストアップしてみました。

 

ビズリーチは、想定年収が1000万円を超えるようなハイクラス案件の取り扱いが中心となるので、ベトナム工場の工場長、ベトナム拠点の経営管理、現地新規法人の総責任者といった役員・経営幹部クラスの求人が中心となります。

 

もしくは、建築技術士、医師、コンサルタント、エンジニアなど、高度な専門職で、経験豊富なプロフェッショナルを募集する求人ということになります。

 

それ以外では、ベトナム工場において、生産管理や品質保証のマネージャーとして、現地業務を統括するといったポジションの案件となります。

 

下記に、幾つか代表例を挙げておきますが、現在、ビズリーチには、ベトナム駐在関連の求人50件以上登録されているので、興味がある人はチェックしてみてください。

 

 


50件という数字には、ビズリーチに会員登録している人が、閲覧出来るものとなります。未登録者の場合、閲覧出来る案件が限られるので、注意してください。

 

ベトナム駐在案件 代表例7選

ベトナム工場長

静岡県内に本社がある日系電子メーカーからの、ベトナム子会社の工場経営責任者を募集する求人。計画策定、予算管理、生産管理、生産技術、労務管理、ローカルスタッフ育成・教育といった業務を担当。

 

本社へ入社して、一定期間の勤務を経た後、ベトナム工場に赴任というスケジュール。工場長、もしくは、それに準ずる役職を経験していること、海外拠点への赴任経験があることが、応募条件となっています。想定年収は1000~1600万円。

 

CEO候補

現地に立ち上げるIT企業(ソフトウェア開発)のCEO候補募集案件。ゼロから組織を立ち上げることになるので、組織立ち上げやマネジメントの経験がある人材が求められています。(ビジネスレベルの英語力を有することも、必須要件となります。)

 

海外での勤務経験は不問ですが、経験者のほうが有利なのは、言うまでもありません。想定年収は900~1500万円。

 

生産技術管理職

日系金属部品メーカーの生産技術管理職候補の募集案件。タイやベトナム、カンボジア、中国などに工場があり、海外工場に管理職として、赴任出来る人材が求められています。

 

既存設備の保全・改善、新しいラインの立上に従事することになりますが、状況によっては、海外における新工場の立ち上げを担当する可能性もあり、これらの業務における実務経験を有することが、応募条件となります。

 

ただし、金属加工、機械加工、工作機械等の分野で、豊富な経験を有する人であれば(おおむね、25年以上)、その経験が評価されて、採用が決まる可能性があるので、新規ラインの立上経験がない人にも、チャンスがあります。

 

なお、ベトナム工場への赴任となった時でも、英語に関しては、『話せれば歓迎』という程度で、必須ではないので、言葉が出来なくても大丈夫です。

 

コンサルタント

海外に進出している日系企業をクライアントに持つ、コンサルティングファームからのコンサルタント募集案件。経営戦略、組織・人事、マーケティングといった領域におけるアドバイザリー業務を担当することになります。

 

シンガポール、タイ、ベトナムなど、ASEAN域内に拠点を持つクライアントが多いため、現地に赴任して、子会社の経営支援を行うといった内容の案件となります。コンサルタントとしての実務経験を5年以上有することが、応募条件となります。

 

想定年収は1300~3000万円となっており、実績次第では、かなりの高収入が期待出来ます。

 

医師

ベトナムにある日系クリニックからの求人です。在留邦人や出張者、旅行者を対象とした一般診療、予防接種、健康診断を担当することになります。現地スタッフが、全員、日本語が出来るので、日本語だけで業務を遂行することが可能です。

 

5年以上の医師業務経験があることが、応募条件となり、想定年収は1000万円となります。なお、東南アジア各国にクリニックを持つ医療法人からの求人となるため、赴任地はベトナム以外の国になる可能性もあります。

 

海外事業開発

海外展開を積極的に進めているインターネットサービス会社からの募集案件。アジアにおける投資戦略の立案・実行を担当する人材が募集されています。

 

ビジネス開発、投資・M&Aのいずれかの業務経験を有すること、インターネット事業に関わった経験があること、ビジネスレベル以上の英語力を持つことが、応募条件となっています。

 

かつ、アジアにおけるビジネス運営経験、グローバル企業やベンチャー企業での就労経験、事業立ち上げ経験などがあれば、優先的に採用される可能性が高いです。想定年収は800~1200万円となっています。

 

建築技術士

インドネシア、シンガポール、スリランカ、ミャンマー、ベトナムなどにおいて、建築現場の施工管理業務全般を管理出来る人材を募集する案件となります。

 

港湾施設建築、老人ホーム、超高層オフィス、商業施設、ホテル、高架鉄道駅等の施工工事を管理することになるので、海外における、これらの建築工事経験があること、英語でのコミュニケーションが出来ることが、応募条件となります。

 

ゼネコンで建築工事の管理業務を経験していれば有利です。なお、工場倉庫の建築工事経験というのは、今回の案件においては、カウントされないので、注意してください。想定年収は800~1200万円です。

 

まとめ

ベトナム駐在に関する案件の代表例をまとめてみましたが、事業経営に関与するポジション、もしくは技術系の職種ということになり、営業、マーケティング系の案件というのは、殆ど見受けられません。

 

対象となる職種が限られているのが、ベトナムの特徴と言えます。そういった意味では、チャンスの幅も狭まりますが、該当する人は、ぜひチェックしてみてください。

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。