イギリスというのは、日本にとって重要な主要貿易国の一つであり、現地に進出している日系企業が多数存在しますが、北米・アジアといった地域の国々と比較すると、その数は圧倒的に少なくなります。

 

イギリス駐在員の求人

 

たとえば、2014年におけるイギリスに進出している日系企業数は約1100社でしたが、タイに進出している企業は約4000社、アメリカに進出している企業は2000社強です。(アジアの主要国で言えば、中国が約4000社、インドネシア約1500社、シンガポール約800社です。)

 

ヨーロッパのなかでは、日系企業の進出数においてイギリスはドイツに次ぐ2位なのですが、それでもアジアやアメリカと比較すると少ないのが分かります。企業進出の加速度という点に関しても、それほど多くはなく、ここ数年では、ほぼ横ばいです。

 

ただし、日本からイギリスへの投資フローは1兆円を超えており、アメリカに次ぐ第2位となっています。イギリスに進出しているのは大企業が多く、大規模プロジェクトへの投資が相次いでいるためです。

 

そのため、転職市場ということで考えると、イギリス駐在員を募集する企業の数は限られており、求人数にも上限値があるのですが、そのかわり、業界を代表するような優良大手企業からの求人が中心となるため、転職先としては有望な会社ばかりになるといった状況になっています。

 

これがアジアだと、大企業から社員数が数名規模の個人事務所まで、千差万別です。撤退している企業も多いので、安定度という意味では劣ります。

 

そのため、イギリス駐在員の求人案件というのは、一度転職すれば安定して働くことが出来るものばかりとなっているので、地に足をつけて働きたいという人にとっては悪くない状況です。

 

求人数が限られているといっても、常時100件単位で募集がかかっているのも事実なので、自分の希望に合った転職先を探しやすいのではと思います。特に製造業界はイギリスに進出している日系企業が多いのでチャンスです。

 

イギリス駐在員募集の求人案件を扱っている転職エージェント

下記の転職エージェントは海外駐在の求人案件の取り扱いに力を入れており、イギリス駐在の案件もカバーしているので、是非一度問い合わせてみてください。

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。海外駐在員の募集案件を広くカバーしていますが、北米・アジア地域を得意とするため、イギリス駐在の求人案件の保有数は少なめですが、それでも、常時何らかの求人を扱っているので、オススメの情報源です。

 

現地に進出している日系メーカー(自動車部品、食品、化学、産業機械、精密機器、製薬、医療機器等)からの募集案件が中心となります。

 

職種別にみると、海外営業(新規顧客開拓、既存顧客フォロー、代理店フォロー)の求人が最も多く、次いで工場の生産管理・生産技術、品質保証といった技術職、財務経理・人事といった管理部門職の求人となります。

 

海外子会社の事業管理、経営企画・管理といった、事業運営に直接的に関与するようなポジションでの採用となる案件、営業マネージャー、工場長、事業統括マネージャーなど、マネジメントレベルの案件も、少なからず出ています。

 

リクルートエージェント

8万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、様々な地域の海外出張・海外駐在絡みの求人案件を多数扱っています。

 

イギリス駐在の案件だと、JACリクルートメント同様、メーカーからの求人が多いのですが、JACの場合、購買・物流、生産管理、製造技術、サービスエンジニアといった職種の求人の割合が多くなっているのが特徴です。

 

現地エンジニアの生産指導、現地工場の工程改善・効率化推進といった役割を担うケースが多いため、現地スタッフとスムーズにコミュニケーションが取れるだけの語学力を身につけている技術者が求められています。

 

 

ビズリーチ

年収1000万円レベルのハイクラス求人専門の転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナル職、及び、マネジメントレベルの求人案件を中心に、多数の案件を保有しています。海外勤務案件の取り扱い数も多いです。

 

イギリス駐在に関連する案件としては、メーカー(機械、輸送機器、化学等)、ゼネコン、金融機関などからの求人を扱っています。

 

海外営業、生産技術・品質管理、施工管理、海外事業管理といった職種の求人が中心ですが、金融機関に関しては、トレーダー、プライベートバンカーといった投資のプロ、及び、国際ファクタリング・トレードファイナンスといった貿易金融のプロを募集する求人も出ています。

 

即戦力の人材が求められているので、いずれの職種においても、該当業務に関する豊富な実務経験が必須となります。また、マネージャークラスでの採用となる求人も出ていますが、こちらでは、マネジメント経験が必須となります。

 

アージスジャパン

こちらも、JAC同様、外資系企業、日系グローバル企業からの求人案件の取り扱いに特化している転職エージェント。海外駐在案件を多数保有しています。

 

イギリス駐在の案件に関しては、医療機器メーカーや製薬メーカーといったメディカル関連企業からの求人案件を扱っています。

 

海外事業企画立案・立ち上げ、新規市場開拓、海外営業チームのマネジメントといったポジションを担える人材を募集する案件が中心となります。

 

マイナビエージェント

あらゆる業界の求人案件をカバーする総合エージェント。海外に進出する日系企業とのコネクションが強く、様々な地域における現地駐在員の募集案件を扱っています。

 

イギリスに進出している食品メーカーや機械メーカー、自動車部品メーカー等、様々な業種の製造企業の案件を保有しています。海外営業部長、海外拠点長候補といったマネジメントレベルの案件が中心となっています。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

海外勤務に対応出来る人材を募集する求人案件の取り扱いに慣れている転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントが駐在員の募集案件を保有していますが、そのなかでも実績豊富なエージェントを3社選んでいます。

 

    ビズリーチ

  1. ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。グローバル企業からの海外駐在案件を扱っています。海外拠点管理といった管理職レベルの求人が中心です。


  2. JACリクルートメント

  3. JACリクルートメント

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェント。海外勤務の求人案件を多数保有しています。特に、中国、東南アジア、北米が赴任先となる求人を得意としています。


  4. リクルートエージェント

  5. リクルートエージェント

    日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在案件を多数保有しています。アフリカ、中南米、ロシアなど、日本人にとって、馴染みが薄いエリアの求人も含めて、あらゆる地域における案件をカバーしています。